2019/12/1~5/6 サル山温泉 in 函館

北海道のイベント情報


2019/12/1~5/6 サル山温泉 in 函館3.5

LINEで送る
このイベントへ行くGoogle Transit

 2019年12月1日 ~ 2020年5月6日

北海道函館市湯川町3-1-15 函館市熱帯植物園

お勧め時期1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月

北海道函館市、湯の川の温泉街の一角に、冬の風物詩「サル山温泉」が人気の函館市熱帯植物園があります。
屋外の運動場をのびのびと走りまわるニホンザルたちは、現在約90頭。
冬の間はサル山のプールに温泉が入れられ、お湯につかってのんびりくつろぐ姿が話題を集めています。

ニホンザルの北限は青森県だと言われていて、元々暖かい地方で暮らしていました。
今は札幌をはじめ、道内のあちこちの動物園で飼育されていますが、北海道の自然界には存在しないサルなのです。
幸い湯の川の温泉街が湧き出していたから、サル山に温泉浴槽を作りました。
ただ人間と少し違うのは、熱めの湯が好きなので、函館市熱帯植物園の『サル山温泉』の湯温は50度の源泉を41~42度に調整しています。
サルは温泉に入る前に手を浸し、湯加減を確認してから入ります。
12月〜ゴールデンウィークまで(年末年始は休園)、『サル山温泉』を実施しています。
受付では100円でエサを販売しています。
函館の温泉に浸かっているサルは全国的に有名になり、人気スポットです。

料金:大人:300円、小中学生:100円、幼児無料
開園時間:11~3月 9:30~16:30 ※※12/29~1/1は休園 4~10月 9:30~18:00
所在地:北海道函館市湯川町3-1-15
場所:函館市熱帯植物園
交通:JR函館駅前から函館市営バス函館空港行き、日吉営業所方面行きで17分、熱帯植物園前下車、徒歩3分
クルマ:函館空港から3.2km(6分)
駐車場:133台/無料

【イベント開催の有無などは、主催者のページでご覧ください 本サイトでは具体的なご質問はお答えできません】

目的アクセス良好,ゲラゲラ爆笑,子供サイコ―,家族向け,日本のリゾート,日本の冬を感じる場所,温泉,観光名所
最寄り空港/駅函館駅 (約5.2km) Google Transit

口コミ

4.01 か月前

地元だが子供には人気。特に夏。
植物園の建物の中は30分もかからず見終りますが外の猿山は餌やりなどが喜ばれます。
夏は臭いがキツいかも知れません。
外の遊具も遊べますし、目立たない場所ですが足湯も気持ち良いです。
夏は反対側(海側)のゴーカートやプールが賑わってますね。遊具も多少あり。
夏休みなどは子供達で溢れていて、一日中遊べます。

4.01 か月前

駐車場は無料で、入場料がなんと300円と驚異の安さです!

300円でお猿さんの温泉入浴が好きなだけ楽しめます!
とても可愛らしくて一時間ほど見入ってしまいました笑

北海道函館を訪れる際は足を運ぶべき場所です!

2.02 か月前

皆さんの評価が高く 期待して行きましたが、我が家はあまり...という感じで淋しく終わりました。
お猿さんは可愛らしく 餌やりも出来たので子どもは喜んでいましたが、魅力はそれだけ。
植物園は特に興味を引かれるものではなく、滞在時間もそこそこに 次へ向かいました。

南の育ちで魅力溢れた植物園をたくさん見てきたので、辛口の評価になっているかもしれません。
北国で熱帯植物園なので、期待するのがよくないかもですね。
夏場は外でも遊べるようです。
そこも楽しめたら また印象が変わるかもしれません。

5.03 か月前

大人300円、小学生100円、幼児無料
植物園は大きなビニールハウス、規模としては30分程度で周回できるもの。それとは別に猿山があり、温泉につかる猿お見られる。猿用のエサは入場時に100円で購入可能。意外に楽しかったのは足湯。タオル等ふくものがないのでハンカチは必須

3.01 か月前

植物園はもう少し道しるべに改善が必要かな。せっかくの植物も看板あるもののわかりにくい。
しかし!猿園は本当に良かったですよ!餌やりもみてるのもとても和みました。