2020/2/22~3/8 城下町中津のひなまつり

大分県のイベント情報


2020/2/22~3/8 城下町中津のひなまつり3.1

LINEで送る
このイベントへ行くGoogle Transit

 2020年2月22日 ~ 2020年3月8日

大分県中津市 南部まちなみ交流館、中津城、福澤諭吉旧居など市内各所

お勧め時期1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月

今も整然とした町並みや、旧武家屋敷跡などかぐわしい歴史散歩に誘われる中津は、「ひなまつり」の似合う城下町です。
城下町中津のひなまつりは、毎年2月中旬から3月中旬まで、中津市歴史民俗資料館をはじめ、中津城、諸町、楽一通りなど市内中心部の各所で開催されます。
来場者数は1万3000人と思われます。
期間中、黒田官兵衛が築いた城下町のまちなみに、絢爛豪華(けんらんごうか)な有職雛(ゆうそくびな)、享保雛(きょうほびな)、古今雛(こきんびな)をはじめ、庶民に親しまれた一文雛、御殿の中に高さ7センチの小さなお雛さまが飾られる「御殿雛飾り」、おきあげ雛(押し絵)など、江戸中期から現代までの多彩な人形が展示されます。
普段はなかなか入る事ができない、由緒ある神社の神殿でお姫様になれる「お姫様体験」、レトロな町並みが残る城下町を着物で散策できる「中津城下町着物で散策」など、特別な体験メニューを揃えています。
中津城(奥平家歴史資料館)の「人間ひな飾り」は、お城をバックに並べられた人間雛を見ることができるのは日本で唯一!?とも言われています。(観覧無料、5000円で参加可能)
ほかに、琴の演奏会やオーロラ源星太鼓などのイベントも盛りだくさんとなっています。

開催期間:令和2年2月22日(土)~3月8日(日)
 ※人間ひな飾りは2月29日(土)、3月1日(日)「人間ひな飾り」(中津城)に開催されます。

会場:JR中津駅から商店街、諸町周辺及び中津城、中津市歴史民俗資料館、村上医家史料館、大江医家史料館、中津市木村記念美術館、福澤諭吉旧居・記念館、楽一通りなど

料金:中津城:大人400円・子供200円、福澤旧居:大人400円・小人200円ほか
 ※期間中は村上医科史料館、大江医科資料館の入館料が無料となります。

<交通アクセス>
車:大分自動車道日田ICから約60分
  東九州自動車道上毛ICから約20分
  東九州自動車道中津ICから約30分
JR:JR日豊線 中津駅下車、徒歩10分

写真提供:ツーリズム大分
【イベント開催の有無などは、主催者のページでご覧ください 本サイトでは具体的なご質問はお答えできません】

目的インスタ映え,パレード,体験,子供サイコ―,観光名所
最寄り空港/駅中津駅 (約0.9km) Google Transit

口コミ

5.0過去 1 週間以内

1人車椅子の人が居るので電話してから行きました。
お城の前までは車椅子でもOKでした。
城の前に着くと電話の方が待って居てくれました😊(何も言ってないのに)
お城をバックに写真も撮影してくれました😊

3.02 か月前

雨の平日だったのでとても静かでゆっくりと資料を見てまわる事が出来ました。
お堀の鴨とガチョウ?が仲良くてめっちゃ可愛かったです。

4.01 週間前

石垣も立派に残って城の中ではスマートでバランスも良い

5.02 か月前

中津城公園は、中津駅の北西1.1kmほどの中津川沿いにあります。
1587年、黒田孝高(如水)が豊前6郡の領主として入国し、最初は大塚山の砦を修築し、根拠地としましたが、1588年、中津江太郎の居城であった丸山城を補修して中津城の築城に取り掛かりました。黒田如水縄張図には本丸、ニの丸、三の丸の他に京町、博多町などの記載があります。1600年、黒田藩が福岡に転封となり、細川忠興が入城します。息子の忠利を中津城にいれ、1603年から1620年まで増改築を行います。1615年の一国一城令で破却の危機になりますが、例外的に残ることになり、忠興が1620年から隠居城として利用します。本丸、二の丸、三の丸、八門、二二の櫓が設けられ、ほぼ現在の形が整います。1632年、細川氏の熊本転封に伴い 小笠原長次が入り、城下町の整備を行います。1717年、奥平昌成が入り、1871年(明治4年)の廃城まで居城としました。

4.01 か月前

お城自体は鉄筋コンクリですが場内は色んな展示物がありなかなか楽しめます。お城北側に回れば黒田官兵衛さんが築いたとされる石垣もあるしよく整備されてる感じで楽しめます。