2020/4/16~5/10  あしかがフラワーパーク ふじのはな物語~大藤まつり~

栃木県のイベント情報


2020/4/16~5/10  あしかがフラワーパーク ふじのはな物語~大藤まつり~4.6

LINEで送る
このイベントへ行くGoogle Transit

 2020年4月16日 ~ 2020年5月10日

あしかがフラワーパーク(足利市迫間町607)

お勧め時期1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月

数多くの花々で彩られる花の楽園「あしかがフラワーパーク」では、例年4月から5月にかけて藤の花が見頃を迎えます。
2014年に日本で唯一、アメリカCNNが選出した「世界の夢の旅行先10カ所」に選ばれた「あしかがフラワーパーク」で「ふじのはな物語~大藤まつり~」が開催されます。

9万4000平方メートル以上ある園内に、大藤棚をはじめ350本以上の藤が咲き誇る様は圧巻です。
大長藤、八重黒龍藤、むらさき藤、うす紅藤、白藤等、様々な種類の藤が楽しめます。
栃木県の天然記念物にも指定されている600畳敷(1,000平方メートル)の大藤棚3面を持ち、樹齢150年におよぶ大藤(ムラサキフジ)、そして庭木作りのフジ、長さ80メートルの白藤のトンネル。
世界でも珍しい八重の大藤棚、白藤のトンネルは花の真下を通り抜けることができ、人気を呼んでいます。
シロフジはムラサキフジと比較して香りが強く、トンネルをくぐると甘い香りにつつまれて幸せな気分にひたれます。
また、フジに似た黄色の花をつけるキングサリ(和名「きばな藤」身頃:5月上旬から5月中旬頃)が園内に約200本あり、特に日本で唯一の長さ80メートルのトンネルの美しさは人気を呼んでいます。
さくら色、薄い赤に見える紫色が綺麗な「うすべに藤」はうすべに橋の上に咲き誇る光景は、ため息も漏らすほど美しいです。

この時期は5,000株以上のツツジや1500株のシャクナゲなど、春の花数百種も咲き乱れ、フジとの競演が百花繚乱の園内を演出します。
春の花々と4色の藤が織りなす幻想的な風景は、まるで夢の世界。

期間中は園内全体をライトアップして幻想的な「夜の藤」を演出します。
ライトアップは日本夜景遺産にも認定されています。
藤を使ったフードや香水、コスメなど藤グッズもあります。

※例年の見頃
 うす紅藤:4月中旬~下旬頃
 大藤棚(栃木県指定天然記念物):4月下旬~5月上旬頃
 白藤(栃木県指定天然記念物):5月上旬頃
 きばな藤:5月上旬~中旬頃

会場 :あしかがフラワーパーク(足利市迫間町607)
開催期間:2020年4月16日(木)~5月10日(日)※花の咲き具合により変動します。

営業時間:4月16日(木)~5月10日(日)8:00~20:30、以外の期間は9:00~18:00
(新型コロナウィルス等の感染症予防対策として開催期間の短縮および、営業時間を変更いたします。)
開園時間:■昼の部:8:00~18:00 ■夜の部:17:30~20:30(夜間ライトアップ)
※昼の部のチケットで夜の部まで引き続いて見れます
※ライトアップ期間:4月16日(木)~5月10日(日)
※ライトアップ期間は花の咲き具合により変動します。

入園料:
【昼の部】 大人 900 ~ 1,900円 / 子供 500 ~ 900円
【夜の部】 大人 600 ~ 1,600円 / 子供 300 ~ 800円
※ 花の咲き具合により期間・料金は変動します。


電車:JR両毛線あしかがフラワーパーク駅下車すぐ
または富田駅から徒歩約13分
※あしかがフラワーパーク西ゲート前に新駅「あしかがフラワーパーク駅」が2018年4月1日(日)に開業しました。
※券売機にて「あしかがフラワーパーク駅」の表示が無い場合は、同料金区間の「富田駅」まできっぷをお求めください。

東武伊勢崎線足利市駅から送迎バスで約30分(期間中毎日運行、有料。)
※新型コロナウイルス感染症の更なる感染拡大防止のため、4/6(月)以降はシャトルバスの運行を当面の間休止いたします。

車: 東北自動車道佐野藤岡ICから約18分
駐車場:普通車:300台 大型車:40台
※期間中臨時駐車場 普通車:6,000台

photo by 旅と温泉の無料写真素材 おんふぉと
写真提供:栃木県観光物産協会

【イベント開催の有無などは、主催者のページでご覧ください 本サイトでは具体的なご質問はお答えできません】

http://www.ashikaga.co.jp/fujinohana_special2019/jp/

目的インスタ映え,一生の記憶に残る,夜景,大自然,女性好み,季節の花,神社・寺,観光名所,超メジャー
最寄り空港/駅あしかがフラワーパーク駅 (約0.3km) Google Transit

口コミ

4.02 週間前

有名な藤の花はまだまだの時期、入場料もお安く人出も少なくゆったりと園内を歩けました。
チューリップ、ヴィオラなどが花盛り、鮮やかです。プロの植栽は流石に色使いとか計算されていて見応え充分。
藤の花の開花日予想抽選会など楽しい企画もありました。
これだけのお花の維持管理、働いている方々のお仕事ぶりがうかがえます。

5.02 か月前

日帰りバスツアーにてあしかがフラワーパークのイルミネーションに初訪問しました。
日本夜景遺産認定・日本三大イルミネーション・3年連続全国第一位・東日本最大級、500万球のイルミネーションが彩る感動のテーマパークと聞いていたので、とても楽しみにしていました。
到着したのが、1月中旬の16:30頃、まだ少し明るく、イルミネーションがキレイに見えません。
しかし徐々にあたりが暗くなって行き、5時を過ぎる頃には、真っ暗に…
もう最高のイルミネーションです。
どこに行っても飽きることなくイルミネーションを眺めてはため息が出てしまいます。
そんな中でも『光のふじのはな物語』が圧巻でした。
今度はゆっくりと個人的に訪れてみたいと思います。

4.03 週間前

バラはまだですが、しこうを凝らした展示があり、綺麗に造られた道を歩きながら、楽しみました。今はチューリップがきれいです。これから咲きだすので、楽しめますよ。入って直ぐの山合には、梅が咲いていて、道の 端には牡丹が咲いていて、この時期にと、感激。ワンちゃんを飼う前に子供が小さいときにしか来てなかったから、すごく素敵になっていてビックリしました。
今話題の、ライトアップは、さぞかし素晴らしいだろうと思いました。

5.02 か月前

10年前は、家族で大藤を見たり、イルミネーションを見に行きましたが、ここ数年はイルミネーションのみです。
駐車場は、旧50号沿いにある、砂利の駐車場(道路を渡り、少し歩きます)か、フラワーパーク側の敷地内にございます。
外の窓口で入場券を買い、建物へ入ると広い売店があり、藤色の熊のぬいぐるみ・藤まんじゅう・レモン牛乳・植物など、様々なお土産がこちらで購入できますので、帰りに見ると良いです。
以前、藤の入浴剤・ハンドクリームを、母にプレゼントしたのですが、とても喜んでおりました。
入場券を見せて外に出ると、目の前に飲食の売店があり、光るキャンディー・藤のソフトクリーム・ビーフシチュー・佐野ラーメンなど食べられますが、パークの奥へ行くと所々にお土産や飲食の売店があり、ステーキ串やチーズフォンデュなど色々とございますので、マップを見ると良いです。
イルミネーションの見所も色々とございますが、個人的に、薔薇の庭園や大藤の幻想的な色合いが好きです。

4.02 か月前

イルミネーション確かに綺麗。
若干お子様向けな物もあるが
センスがある。藤棚のイルミが
幻想的で美しいが紫の光を
スマホカメラに納めようとしても
光の三原色でか?白く写って
しまう。前もって良いアプリを
入れておいた方が吉。園内は
小さめですぐ回りきれる。
周辺はかなり何もない。