2020/7/18 伊勢神宮奉納全国花火大会(中止)

三重県のイベント情報


2020/7/18 伊勢神宮奉納全国花火大会(中止)3.7

LINEで送る
このイベントへ行くGoogle Transit

 2020年7月18日 ~ 2020年7月18日

三重県伊勢市中島の宮川下流畔

お勧め時期1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月

令和2年7月18日(土)に開催を予定しておりました「第68回伊勢神宮奉納全国花火大会」は新型コロナウイルス感染拡大の影響を受けて中止することを決定いたしました。
-----------------------------------------------------------

伊勢神宮に花火を奉納する唯一無二の大会として、昭和28年の第59回神宮式年遷宮を記念してはじめられ、2019年度大会で第67回を迎える格調と歴史のある大会。
北は秋田県、南は鹿児島県など、全国各地から選抜された花火師たちが神宮に奉納し、日頃の研鑽の成果を神都伊勢の夜空に放揚する「競技花火大会」で、秋田県大曲、茨城県土浦と合わせて、日本三大競技大会の一つに数えられます。
競技部門は、各花火師が直径約15cmの5号玉3発、直径約30cmの10号玉1発を順に打ち上げる「打上花火の部」と、様々な花火がリズミカルに打ち上がる「スターマインの部」から構成されています。
競技はもちろん、大会提供のオープニング、中盤、ラストのスターマインも見どころです。
新元号を記念したスターマインを放揚し、新しい時代を華やかな花火でお祝いします。
派手な感じではないが、プロの技とレベルの高い花火が観賞できます。
無料席は見にくいので、有料席がおすすめです。
【有料席(桟敷席)】(2019年)
A席(右岸自由席:1名用) 2,000円
G席(左岸自由席:1名用) 2,000円
P席(右岸指定席:2名用) 8,000円
E席(左岸指定席:4名用) 10,000円
B席(右岸指定席:6名用) 15,000円
C席(左岸指定席:6名用) 15,000円

開催期間 2020年7月18日(土)
開催時間 19:15~21:00
打ち上げ数:約10,000発
去年の来場者数:230,000人
屋台:300軒ぐらい
会場:宮川河畔(度会橋上流)
交通:
・JR参宮線山田上口駅より徒歩約15分
・近鉄山田線宮町駅より徒歩約20分
車: 伊勢自動車道 伊勢西ICから外宮方面へ約5km(約15分)

【イベント開催の有無などは、主催者のページでご覧ください 本サイトでは具体的なご質問はお答えできません】

目的パワースポット,日本の花火,神社・寺
最寄り空港/駅山田上口駅 (約0.7km) Google Transit

口コミ

4.0過去 1 週間以内

人生初の伊勢神宮に♪

なんか神聖な雰囲気で素敵でした!!
石の並べ方とかもこだわってた!
とっても大きな木も多くて、昔からお伊勢さんて親しまれてきたんだなぁと歴史を感じる場所でしたー!✨

おかげ横丁にもいって、赤福氷を頂きました🥺
この時期は最高ー!

伊勢うどんも食べれて大満足の女子旅になりましたー!!また行きたいなぁ

5.01 週間前

創建は紀元前、日本最大のパワースポット。八百万の神々の中でも、最高神とされる天照大御神を祭っています。古くから[お伊勢さん]として親しまれ、伊勢志摩を訪れたら、絶対に外せない観光スポット。
こちらには、天照大御神を祭る内宮(ナイクウ)と、その食事をつかさどる豊受大神(トヨウケノオオミカミ)を祭る外宮(ゲクウ)の2つがあります。
伊勢神宮って広いイメージがありますよね。広さは5.500㌶。甲子園球場の約1.400個分。因みに、伊勢市の4分の1を伊勢神宮が占めています。
そして伊勢神宮の正式名称は【神宮/ジングウ】。伊勢神宮というのは通称で、日本神話に出てくる最高神天照大御神を祭っているため、他との区別をする必要もなく[神宮]が正式名称。
外宮から車で約10分、天照大御神が祭られる内宮へ。内宮の象徴といえば[大鳥居と宇治橋]。これが玄関口。
冬至の日を中心として前後1ヶ月間、大鳥居と宇治橋の、ちょうど真ん中から昇る美しい日の出。なんとも神々しい、ありがたい絶景です🌅。
伊勢神宮には、神社によくある[おみくじ]がありません。一生に一度は、お伊勢参り。庶民の願いが叶った日こそ[大吉]。さらに良い日になるよう[正宮]へ行く前に是非[五十鈴川御手洗場]で、身も心も清めてから参拝に行きましょう。そして、ありがたみが増す参拝法をもう一つ。この場所から歩くこと数十秒、五十鈴川の守り神である[瀧祭神]を祭る社が…。ここを参拝してから正宮へ行くのが、地元民では良いと言われています。
天照大御神が祀られた正宮で、ありがたみが増す参拝のポイントが!。
個人的なお願いをする前に、まずは日々の感謝をしてから個人的なお願いをしましょう。#神社#パワースポット

5.01 週間前

日本人の心のふるさとです。神宮における早朝の空気は大変澄んでいます。神聖な気持ちで一杯になれます。外宮から内宮にお詣りします。新たな心持ちになれるように、新年には、出来るだけ、お詣りに行くようにしています。
「お伊勢さん」「大神宮さん」と親しく呼ばれる伊勢神宮は、正式には「神宮」といいます。
神宮には、皇室の御祖先の神と仰ぎ、私たち国民の大御祖神おおみおやがみとして、崇敬を集める天照大御神(あまてらすおおみかみ)をお祀りする内宮ないくう(皇大神宮(こうたいじんぐう))と、衣食住を始め産業の守り神である豊受大御神とようけのおおみかみをお祀りする外宮(げくう)(豊受大神宮(とようけだいじんぐう))を始め、14所の別宮(べつぐう)、43所の摂社(せっしゃ)、24所の末社(まっしゃ)、42所の所管社(しょかんしゃ)があります。これら125の宮社全てをふくめて神宮といいます。
大きなスケールで、主要な神社の参拝だけでも3日程度は、必要となります。

5.01 週間前

雨の日でしたが、神聖なところでした。長い砂利道を行き本殿へ。
途中、杉の大木が沢山あり、長い年月人を見守っていてくれたのでしょう。パワーを貰いました。門前のおかげ横丁もとても良かったです。是非一度行ってみてください‼️

5.02 週間前

厳かな雰囲気はどこにも引けを取らないと思います。コロナがなければ今年一番行きたかった場所です。
前回行った時は夏でしたが、それでもこの場所だけはひんやりした澄んだ空気が漂っていた感じがしました。