2021/1/17 楊枝のお加持と弓引き初め(三十三間堂の通し矢)中止

京都府のイベント情報


2021/1/17 楊枝のお加持と弓引き初め(三十三間堂の通し矢)中止4.3

LINEで送る
このイベントへ行くGoogle Transit

 2021年1月17日 ~ 2020年12月17日

京都府京都市東山区三十三間堂廻町657

お勧め時期1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月

2021年1月17日に三十三間堂(同区)で予定していた「三十三間堂大的(おおまと)全国大会」の中止を発表した。晴れ着姿の新成人らが弓道の腕前を披露する「通し矢」として知られ、来年で第71回を迎える予定だったが、新型コロナウイルスの影響で初めて中止となった。
------------------------------------------------------------------------------
京都の新春は名物行事が目白押しで、三十三間堂の「通し矢」はその最たるものです。
江戸時代は121mある三十三間堂の南端から北端まで、一昼夜で矢を射通した数を競う「大矢数」が人気でした。

この日は1001体の千手観音像が並ぶ三十三間堂境内が無料公開されます。
参拝者に柳の枝でお加持の浄水をそそいで功徳をわけ与えます。

また晴れ着や袴姿の新成人男女が長いお堂にそって矢を的に当てる競技大会で、新春を彩る華やかさが全国ニュースでも恒例になっています。
全国から弓道の有段者が集まって三十三間堂全国大的大会は、本堂西側の射場で直径約1メートルの的を約60メートルの距離から競射です。
「三十三間堂の通し矢」として有名です。
日本全国から2千人もの人が参加します。

・境内は晴れ着の選手で一杯、成人式のような華やかさ
・通し矢は江戸時代から行われている歴史的な競技大会
・病気に効く聖水を授かる楊枝(やなぎ)のお加持も人気

日程:毎年1月15日に近い日曜日に行われます。
時間:9:00~15:30
   ※新成人男子の部は8:30競技開始、新成人女子の部は10:50競技開始

料金:無料
場所:三十三間堂(京都府京都市東山区三十三間堂廻町657)
交通:JR「京都駅」より市バス「博物館三十三間堂前」下車すぐ
   京阪電車・七条駅下車、3,4番出口から徒歩7分
   JR京都駅から徒歩20分

【イベント開催の有無などは、主催者のページでご覧ください 本サイトでは具体的なご質問はお答えできません】
写真元:フォト蔵 juraihelmさん

目的お祭り大好き,アクセス良好,インスタ映え,伝統民俗,日本が初めて向け,神社・寺,観光名所,超メジャー
最寄り空港/駅七条駅 (約0.4km) Google Transit