富貴寺

大分県の観光情報


富貴寺4.2

LINEで送る
このスポットに行くGoogle Transit
お勧め時期1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月

富貴寺は国東(くにさき)半島にある有名な寺院で、この半島ではかつて仏教がとても栄えていた。寺院は8世紀に遡り、12世紀につくられた本堂は九州最古の木造建築だ。この本堂には阿弥陀仏が祀られており、阿弥陀堂としては、宇治の平等院や平泉の中尊寺と並ぶ知名度がある。

伝説によると、この本堂は一本のカヤの木でつくられたという。内部では仏陀のさまざまな姿を描いたカラフルな壁画が見ることができるが、保存上の理由から、晴天のとき以外には公開されていない。境内には大きなイチョウの木がたくさんあり、秋の落葉時には黄金のじゅうたんが敷きつめられたようになり、周辺の赤い紅葉の葉とあいまって、その風景は見事だ。

目的シニア向け,日本についての知識プロ向け,神社・寺,私は芸術が好きだ,紅葉,観光名所
最寄りの空港/駅福岡空港 (約100.4km) Google Transit

口コミ

5.01 か月前

映え~なのか、カメラ、写真好きが沢山集まる場所のようです。歴史や神社仏閣好きとしては少し違和感はありますが、上にある薬師さんは歴史を感じることが出来、御堂中にある仏像と壁画も昔の信仰というものを感じます。境内の中に佇む巨木も見ものです。

4.0過去 1 週間以内

大分県豊後高田市の富貴寺は、平安時代に宇佐神宮大宮司の氏寺として開かれた。
富貴寺大堂は阿弥陀堂建築で、内部の壁画と共に平安美術の傑作とされる。

貴重な阿弥陀堂であり、現存する九州最古の建築である。正面3間・側面4間で回縁があり、屋根は宝形造で筋くれ立つ竹を並べたような行基葺。壁部はすべてカヤの白木が用いられ、内部は板敷・格天井で、中央の4本の柱をはじめ極彩色の絵画の跡が残る。

富貴寺大堂は平山郁夫の作品でよく知られている。緑深い中にひっそりと建っている。
シルクロードの乾燥した地域を題材にしてきた平山郁夫が、この苔むした境内に佇む千年以上の時を経てきた阿弥陀堂を描いたのはどういう心境だったのかと考えた。

お昼は豊後高田の「昭和の街」の近くにある「十割蕎麦ゑつ」に行った(富貴寺から車で10数分)。昭和の街は商店街の街並みがレトロで、なかなか趣がある。
蕎麦は歯応えがあってしっとりしていて、富貴寺大堂の見学の際にはお勧め。

小林秀雄の『無常といふ事』で、坂本でそばを食べるくだりがあるが、富貴寺の佇まいを思い出しながら十割蕎麦を食べると、小林秀雄のいう「無常」が心に迫ってくるようだった。

《 先日、比叡山に行き、山王権現(さんのうごんげん)の辺りの青葉やら石垣やらを眺めて、ぼんやりとうろついていると、突然、この [『一言芳談抄』の ] 短文が、当時の絵巻物の残欠でも見る様な風に心に浮び、文の節々が、まるで古びた絵の細勁(さいけい)な描線を辿る様に心に染み渡った。そんな経験は、初めてなので、酷く心が動き、坂本で蕎麦を喰っている間も、あやしい思いがし続けた。》

4.01 か月前

歴史の重みを感じます。国宝は素晴らしい佇まいです。強いて言うなら観光地化は雰囲気をこわすかもしれませんか、周辺になにも無さすぎです。国宝があるのにもったいないと思います。

5.05 か月前

チコちゃんが毎日叱っています☺️

5.03 か月前

国東半島と姫島散歩

耶馬渓にある青の洞門そして羅漢寺を訪れた後、はじめて国東半島のお寺の散策を楽しみました。

富貴寺にある品のいいお姿をした仏さまに少し驚きを感じました。京都の由緒あるお寺にあってもおかしくない出来の良さでした。

レビュー (0)