富貴寺

大分県の観光情報


富貴寺4.2

LINEで送る
このスポットに行くGoogle Transit
お勧め時期1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月

富貴寺は国東(くにさき)半島にある有名な寺院で、この半島ではかつて仏教がとても栄えていた。寺院は8世紀に遡り、12世紀につくられた本堂は九州最古の木造建築だ。この本堂には阿弥陀仏が祀られており、阿弥陀堂としては、宇治の平等院や平泉の中尊寺と並ぶ知名度がある。

伝説によると、この本堂は一本のカヤの木でつくられたという。内部では仏陀のさまざまな姿を描いたカラフルな壁画が見ることができるが、保存上の理由から、晴天のとき以外には公開されていない。境内には大きなイチョウの木がたくさんあり、秋の落葉時には黄金のじゅうたんが敷きつめられたようになり、周辺の赤い紅葉の葉とあいまって、その風景は見事だ。

目的シニア向け,日本についての知識プロ向け,神社・寺,私は芸術が好きだ,紅葉,観光名所
最寄りの空港/駅福岡空港 (約100.4km) Google Transit

口コミ

5.0過去 1 週間以内

国東半島と姫島散歩

耶馬渓にある青の洞門そして羅漢寺を訪れた後、はじめて国東半島のお寺の散策を楽しみました。

富貴寺にある品のいいお姿をした仏さまに少し驚きを感じました。京都の由緒あるお寺にあってもおかしくない出来の良さでした。

5.01 か月前

某ビールのCMでも出ていましたが国宝の阿弥陀堂が美しいです。平安期の浄土思想もあり極楽浄土を思わせる壁画と阿弥陀如来像が調和しています。(堂内は撮影禁止です。)本堂は現在回収中です。

5.02 か月前

チコちゃんが毎日叱っています☺️

5.01 か月前

3度目のお参りになります。
今回は御朱印を頂きました。
山門のそばに有る受付のカウンターの上に大きな黒っぽい猫が居て、触っても気持ちよさそうにしています。
受付にいた女性に聞くと名前は黒いので『ヒジキ』と言う名前で、捨てられていた猫を拾って育てているそうです。
良い方に拾われて幸せですね。
富貴寺大堂は、近畿地方以外に所在する数少ない平安建築で貴重な存在であり、1952年11月22日に国宝に指定されています。
本堂では御朱印も書いて貰えますが、駐車場の車の中に御朱印帳を忘れていたので、今回は書き置きの御朱印を3種類頂きました。
また無事に来れます様にと思い帰りました。

5.04 か月前

静かな佇まいの古刹。国東の仏教文化を代表する阿弥陀堂建築で、九州最古のものだそうです。近くの「蕗の薹」というお宿もとても良かった。

レビュー (0)