風連鍾乳洞

大分県の観光情報


風連鍾乳洞4.4

LINEで送る
このスポットに行くGoogle Transit
お勧め時期1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月

風連(ふうれん)鍾乳洞は佐伯(さえき)市の北西20kmに位置する鍾乳洞で、洞内部の鍾乳石や壁がとても美しいことで有名だ。奥行きは約500mで、外気の入口が一方にしかない閉塞型をしており、風化や浸食が少なく、美しい白色がみごとに保たれている。閉塞型の環境のため、夏は涼しく、冬も暖かい。

洞窟の一番奥に15ヘクタールにわたって広がるスペースがあり、ここには高さ10m、周囲16mの大きな鍾乳石の堆積があり、数百の柱が連なり、天井からは無数のツララ状の石がぶらさがっている。とても神秘的な雰囲気を醸し出しているため、この場所は日本の昔話の「浦島太郎」に登場する「竜宮城(りゅうぐうじょう)」という名前が付けられている。

目的シュール&クール,スリル満点,パワースポット,家族向け,観光名所
最寄りの空港/駅松山空港 (約128.4km) Google Transit

口コミ

5.02 週間前

なぜか知名度が低いが、素晴らしい鍾乳石がたくさん見られる天然記念物の洞窟。稲積が好きな人は行ってみるといいのではないだろうか?あちらとの違いを比べるのも楽しい。
こちらでは、地面から生える石筍や鍾乳石など、長い月日が作った自然の造形物はおどろおどろしい美しさを見せてくれる。

階段の上り下りはそこそこあるのだが、足場はコンクリートで安心。

3.02 か月前

稲積鍾乳洞よりは、鍾乳洞としての質は高く、余計なイルミネーションもないため岩の質感や色味などがよくわかり迫力があった。最後の空間も圧倒されるほど天井が高くびっくりした。
夏でも中はひんやり涼しく、戻って外にでたら気温差でメガネが曇った。
ただ、真夏の平日の昼間なのに誰もおらず、貸し切り状態なのはいいが薄暗い洞窟のなかを一人で500mも進んでいくのは絶妙に怖かった。
一番おくの開けたところは声が良く響くので誰もいないのをいいことに気持ち良く歌を歌って帰った。
入場料1000円は高すぎるので、せめて500円くらいにしたほうがいい。

4.02 週間前

国道沿いで看板もありますが、あまり人がいない。周りに人家があるため目立たないからか?
お陰でゆっくり見れますが、かなり昔からあるため、洞内のダメージがみられるところも。粘土質で触るなと指示があるのにさわり指の跡だらけのところもあり残念!
ただ洞内は凄いのひと言 長い時間をかけてできた形はできた場所で違うため、他の鍾乳洞と比べてみのも面白いかも
できればもっと多くの人に来てもらい。周りの整備や入洞料が下がればと、思います。

4.02 か月前

大分県臼杵市野津町、国道10号線沿いから少し上がったところにあります。看板がでてます。

鍾乳洞は奥行き500メートルほどでゆっくり見学すると往復で30分ほどかかります。
そして洞内は15℃程で夏は涼しく、冬は暖かく見学が出来ます。

さまざま形をした鍾乳石はとても幻想的です。

4.02 週間前

夏でも涼しいところ。周りに他の観光スポットはないので、わざわざ行くところだけど満足度高いです(そもそも鍾乳洞好きなので)入場料もテーマパークくらいのお値段ですが、あの場所を維持していくためと思えば納得できる金額です。

レビュー (0)