面河渓

愛媛県の観光情報


面河渓4.5

LINEで送る
このスポットに行くGoogle Transit
お勧め時期1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月

松山市から40km東に位置する面河渓(おもごけい)は、四国の高峰に囲まれた渓谷だ。V字型に切り込まれた深い谷はおよそ10km続き、標高650mという高い位置にある。西日本でも最も高い山である石鎚山(いしづちやま)(1,982m)の南側斜面を流れている。ここはとりわけ秋の紅葉に時期に人気が高い。

渓谷の入口付近には、周辺の地学的特徴や山伏の修行生活を説明する博物館がある。2つの散策路があり、1つは主に碧く透明な水流や高さ100mの花崗岩の崖を楽しむコースで、もう1つは奇岩・怪岩をめぐるコースだ。キャンプ場から伸びる登山道は、高さ860mにある展望所に通じている。歩きやすい靴を準備すること!

目的ここは行っとけ,カップル向け,パワースポット,一生の記憶に残る,体験,健康になる,大自然,女性好み,子供サイコ―,家族向け,山登り,日本の秘境,紅葉,観光名所
最寄りの空港/駅松山空港 (約38.7km) Google Transit

口コミ

4.03 か月前

仁淀ブルーで検索すると、コチラも紹介されていたので訪れてみました。

水量や日差しの関係もあるかとは思いますが、想像していたよりは彩りがおとなしく、「そこそこ見かける風景だ」という印象でした。

『ブルー』である事に過度に期待せず、渓谷を眺め楽しむという意味では満たされるものだと感じました。

こちらに向かう途中の道の雰囲気(小さめのトンネル、狭くなっている橋周辺など)も良いですしね♪♪

この周辺は、面河川沿いを走っているとちょくちょく『ブルー』を楽しめますので、その辺りも含めてコチラも楽しめると思います。

4.02 か月前

面河渓は四国山地を横断して、太平洋の土佐湾に注ぐ「仁淀ブルー」として知られる高知県の仁淀川の源流域です。面河渓の渓流は「仁淀ブルー」に決して引けをとらない美しさです。そして「関門」を呼ばれている所を境に上流と下流では渓谷の様相が一変します。

5.05 か月前

四国最大級の渓谷美といってもいいでしょう。水の透明度、大きな岩や河床の岩盤、そして周囲の森林の美。すばらしいですね。
ここに至るまでの道路が「素掘」間のあるトンネルや重量規制のある上路アーチ橋など、良い味だしてます。大型バス禁止は上高地を彷彿させますが、実際は道路の都合で通れないんでしょうね。俗物化を防ぐためにはいいと思います。
石鎚山の渓谷美、また行きたいね。

5.03 か月前

道が良くて景色を楽しみながらのドライブが楽しめます。
駐車場が広くはないので、見頃の時期は混雑するかも……午前中に行くのがオススメです。

4.03 か月前

令和元年の11月に訪れました👍紅葉は少し終わりかな⁉️でも、ゆっくり観光で歩きましたよ🎵注目のキャンプ場はほとんど利用されてませんかな⁉️道も狭く少し荷物を持って歩いて行く場所ですね😱手前の車で行けるキャンプ場は良さそうですが😅

レビュー (0)