ひめゆりの塔

沖縄県の観光情報


ひめゆりの塔4.2

LINEで送る
このスポットに行くGoogle Transit
お勧め時期1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月

平和記念公園の近くに大きな石碑が建てられており、地下壕の野戦病院で働いていた女子生徒と教師たちに捧げられている。沖縄戦が終盤に近づいたころ、2つの高校から222人の女子生徒と18人の女性教師が動員され、石碑の下にある地下壕の中で看護婦として働いていた。生存者はごくわずかだった。

隣接する博物館には、この地下壕の実物大のジオラマと生存者が語りかけるビデオ映像を見ることができ、当時の様子を彷彿とさせる。石碑と博物館を訪れたあとには、言葉に尽くせない思いに満たされることになるが、終戦に向けて起こった悲劇的状況を語り続ける場所となっている。

目的日本についての知識プロ向け,観光名所
最寄りの空港/駅那覇空港 (約12.9km) Google Transit

口コミ

3.01 か月前

ひめゆりの塔を知ったのは、映画の影響が強い。
故人を悼むため、運営の助けになるために入口で花を買い献花した。館内は撮影禁止である。
主観ではあるが、偏った主張の展示は撮影禁止である。歴史的事実だけではなく、そこに解釈が入り、その主張が偏っていると感じた展示場は例外なく撮影禁止であった。ここ、ひめゆりの塔も撮影禁止であり、主張が偏っていると感じた。沖縄の歴史的背景からそうなってしまうのは仕方がない。しかし、戦争を利用して何かを意図する行為に後ろめたさが無いなら公開してオープンに話し合う方が良いとも思う。
昨今、誹謗中傷により人が亡くなるという
事件が起きた。感情優先で言葉の暴力により一方的な主張を行う構造は、どちらも同じなのではないか。ヒートアップせず、論理的に話し合うコミュニケーションが今の時代にこそ必要であると思う。

5.02 か月前

15時位に訪れましたが、全然時間が足りませんでした。
沖縄=リゾートのイメージがありますが、沖縄に訪れた際には基地周辺の街並みを歩く事をお勧めします。 沖縄県民が基地と共存しなければならない状態が良く判ります、過激な活動家も居ますが、沖縄だけにこの様な負担を押し付けている事を考える必要があります。
ここに来れば、その事が判ります。

4.01 週間前

ひめゆり伝説の有る戦争の激しさを知る、素晴らしいく、悲惨な、供養の塔、ひめゆり記念館もオススメ、生きている幸せさを教えてくれる所、私の母親は戦争を知ってますが、凄く恐ろしかっと、沖縄の歴史を知るには、この場合は大切、若い学生、カップル、家族連れにオススメ

5.03 か月前

戦火に巻かれながらも、看護要員として従軍し、家族や友人の安否もままならない中で、必死に生きた姿が展示から伝わってくる。

特に印象的なのは、地下壕を改装した室内に顔写真の金属プレートが所狭しと並ぶ展示。
そこには、名前と素性、そして負傷や死亡した経緯が刻まれており、確かにその人が生きていた証とその命が失われた事実の重みが肩にのしかかってくる感覚を呼び起こす。

戦争が何を我々にもたらすのか?
心して閲覧されることを切に願う。

4.03 週間前

沖縄の歴史が非常に良く知れます。
リゾート気分で沖縄訪れる人も是非一度足を運んで下さい。

レビュー (1)

X27

これらの洞窟は病院として使用されたことを信じることができません。

これらの洞窟は病院として使用されたことを信じることができません。

You can't believe that these caves were used as hospitals.

続き閉じる

すべてのレビュー