長谷寺

奈良県の観光情報


長谷寺4.3

LINEで送る
このスポットに行くGoogle Transit
お勧め時期1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月

初瀬山(548m)の中腹にある長谷寺(はせでら)は、7世紀にさかのぼる古いお寺だ。西国三十三カ所霊場をめぐる巡礼路のポイントの1つとなっており、古くから「花のお寺」として知られている。数多くの古典文学にも登場するお寺で、10世紀の「枕草子」、「源氏物語」、「更級(さらしな)日記」にも取り上げられている。

約400段の石段を上ると、ベランダのように突き出した本堂舞台からは雄大な景色が眺められ、本堂には高さ10mの十一面観音立像が威風堂々と構えている。ここを訪れるベストシーズンは、牡丹と桜が咲き乱れる春の季節と、紅葉が真っ赤に燃える秋の季節だ。

目的パワースポット,女性好み,桜花見,私は芸術が好きだ,観光名所
最寄りの空港/駅大阪国際空港(伊丹空港) (約51.4km) Google Transit

口コミ

4.01 か月前

土曜日の午前中に訪れました。近鉄長谷寺駅から徒歩で20分から30分ほどで到着します。門前に近づくと両側に草餅やにゅうめんなど食事とおみやげを買うことができるお店が並びます。入山料と本尊などの拝観がセットになったチケットがあり、少しお安くなっています。子どもの頃に親に連れられて来たはずなのですが、見覚えのある風景が見つからずに逆に新鮮な感じでお参りすることができました。ご本尊の十一面観世音菩薩の大きさとすぐ足元からお参りできるのが感動です。「花の寺」とも呼ばれる長谷寺ですが、あいにく牡丹の花もほぼ終わり頃で、わずかに遅咲きのものが見られます。シャクナゲもごく一部が咲いていて、あじさいの花が見頃になるまでは青もみじなどが迎えてくれそうです。今、見頃といえば「ヒメウツギ」(卯の花)が満開でした。甘い匂いがあたりに香り、一面が白い花びらで埋め尽くすようすが見ることができました。「夏は来ぬ」の一節を思い出す方はほぼ同年代の方かもしれません。コロナの影響で人が少ないのかもしれませんが、休日をゆっくり過ごすことができるのでおすすめです。特別の御朱印をいただくことができるので、興味のある方はどうでしょうか?

5.01 か月前

年中花が見られ花のお寺とも言われます。
桜 牡丹 ツツジ 紫陽花など新緑紅葉など
四季折々のものを楽しめます。
特に牡丹の時期はとても賑わいます。

祀られている十一面観音菩薩は木材では国内最大の仏像です。初瀬の川に流れてきた大木から作られたらしくその大木の先で出来たのが城崎温泉にある温泉寺のご本尊様です。

初瀬の街に流れている長谷川は
苗字にある“長谷川”の起源です。

だだおしの祭りでは赤青緑の鬼が本堂を周り凄い圧巻です。その時使われる松明の残りを持って帰ると厄除けになると言われています。

仁王門から本堂までは399段あり回廊は特に風情があります。足の不自由な方には上まで送迎してもらえます。

特別拝観はお薦め。大きな観音様に直接触れられ下から見る観音様のお姿に癒されます。

5.04 か月前

拝観料、有料大人500円でした。支払ってでも見て回りたいそんな日本の美を感じることの出きる是非立ち寄って損のない素敵なお寺です。入り口からもう風景が他ではみられない情緒です。頂上のお寺からみる見渡すばかりの山々や自然のパノラマは四季折々のかおを見せてくれるでしょう。奈良へ行ったら一度は行ってみたくなるお勧めの場所です。

5.01 か月前

奈良盆地の東へ大和川に沿って、笠置山地の中に少し入った閑静な場所にあります。寺院は、山の斜面に沿って、よく考えられた配置で寺院の建物が並んでいます。
境内では場所場所で、素敵な風景と時間を味わいました。本堂では、読経を堪能し、心の中を旅しているような気分を味わいました。本堂からの景色の他に、本堂の向かい側にある、本坊の廊下の景色も素敵で、印象深かったです。
一つ前の室生寺から、東京からと仰せの男性の方とよく一緒になり、少しお話をさせて頂きました。お寺の雰囲気を非常に堪能されている感じでした。(19/8/3)

5.01 か月前

特別拝観の期間中でした
仏様と縁が結ばれた印のブレスレットの様な紐を頂きました。ご朱印も今だけのものがあったりします。お花が素晴らしい様ですが、紫陽花にはまだ早かった様で見頃にはまだ早かったです
百度参りをされてる方も多くいらしてました。
階段の雰囲気がとても素晴らしくて、上がるのは大変ですが、その先の景色は見事です
違う季節にまたお詣りしたい所です

レビュー (0)