富岡製糸場

群馬県の観光情報


富岡製糸場4.0

LINEで送る
このスポットに行くGoogle Transit

1872年(明治5年)、「富国強兵・殖産興業」のスローガンの下、輸出品の主力だった生糸の生産量・品質を向上させるため、明治政府が設立した官営の器械製糸工場です。明治政府がつくった官営工場の中で、1万5000坪の敷地やレンガ造りの工場施設がほぼ完全な状態で残っているのは富岡製糸場のみです。
民営化後も一貫して製糸を行い、製糸技術開発の最先端として国内養蚕・製糸業を世界一の水準に牽引しました。また、田島家、荒船風穴、高山社などと連携して、蚕の優良品種の開発と普及を主導しました。
建築物としても素晴らしく、和洋技術を混交した工場建築の代表であり、長さ100mを超える木骨レンガ造の繭倉庫や繰糸場など、主要な施設が創業当時のまま、ほぼ完全に残されています。
建物外観の他、生糸を作る器械が置かれていた繰糸場など、建物内の一部が見学できます。定刻には、ボランティアによる解説案内がある。
「富岡製糸場と絹産業遺産群」は2014年6月にユネスコ世界遺産に登録されました。

目的体験,観光名所
最寄りの空港/駅東京国際空港(羽田空港) (約112.5km) Google Transit

口コミ

4.02 か月前

土曜日の夕方に行きましたが、それほど混んではいませんでした。西置繭所は予約していないので外観だけですが、建物はとても美しいです。説明の文書が随所にあり、しっかり読みながら見学するとかなり時間がかかります。
閉館近くなると、警備の方が先に見た方がいい施設をアナウンスしてくださったので、一通り見ることができて助かりました。
時代背景を勉強してから行くと、世界遺産の価値もより感じられると思います。

3.0過去 1 週間以内

赤レンガに日本瓦をのせた和洋折衷の近代的製糸工場を見学できます。建物は当時、世界最大規模を誇っていただけあって圧巻です。ただ展示の仕方が残念でした。どれも歴史的価値があるものばかりだと思うので、もっと子ども向けの展示にするとわかりやすいと思います。

4.01 か月前

世界遺産として、日本の産業政策の足跡として、歴史の教科書の1ページとして、有名な富岡製糸場です。建物がよい状態で現存しているだけでなく、展示資料も充実していて、明治期の殖産興業を知ることができます。

個人的には、ブリュナエンジン(復元機)の建物にいたエンジニアの方から、丁寧な説明をしていただけたことが印象的でした。機関の動作原理についての物理学的な性質や、動力の伝達装置・機構の原理など、わかりやすい説明をしていただきました。

事前に、建物の配置などを予習して、見学経路を考えてから行くと、より充実した見学になると思います。

5.03 か月前

歴史的な建物です、設備も凄かった❗

1.03 か月前

古びた工場と宿舎など我々の世代では昔見た風景であり一度の訪問で価値を理解するのが難しい。たぶん見るものではなく日本(世界?)のその歴史を学ぶ事なんだと思う。したがって建造物や風景を楽しみたい私には合わなかったです。

レビュー (0)