富岡製糸場

群馬県の観光情報


富岡製糸場4.0

LINEで送る
このスポットに行くGoogle Transit

1872年(明治5年)、「富国強兵・殖産興業」のスローガンの下、輸出品の主力だった生糸の生産量・品質を向上させるため、明治政府が設立した官営の器械製糸工場です。明治政府がつくった官営工場の中で、1万5000坪の敷地やレンガ造りの工場施設がほぼ完全な状態で残っているのは富岡製糸場のみです。
民営化後も一貫して製糸を行い、製糸技術開発の最先端として国内養蚕・製糸業を世界一の水準に牽引しました。また、田島家、荒船風穴、高山社などと連携して、蚕の優良品種の開発と普及を主導しました。
建築物としても素晴らしく、和洋技術を混交した工場建築の代表であり、長さ100mを超える木骨レンガ造の繭倉庫や繰糸場など、主要な施設が創業当時のまま、ほぼ完全に残されています。
建物外観の他、生糸を作る器械が置かれていた繰糸場など、建物内の一部が見学できます。定刻には、ボランティアによる解説案内がある。
「富岡製糸場と絹産業遺産群」は2014年6月にユネスコ世界遺産に登録されました。

目的体験,観光名所
最寄りの空港/駅東京国際空港(羽田空港) (約112.5km) Google Transit

口コミ

4.0過去 1 週間以内

世界遺産、国宝に登録され、一度は訪れたいと思っていました。自分達で見学コースを回るよりも、ガイドさんの説明を聞きながら回れる有料ガイドツアーはかなり良いと思います。
富岡製糸場には駐車場はありませんが、市営駐車場からも徒歩数分です。
コロナ禍、対策もしっかり取れていて、安心かと思います。
トイレもキレイで衛生的です。

4.01 週間前

一部の建物は国宝に指定されています。
木造建築とレンガ作りという和洋折衷の建物が見応えあります。
全ての建物が公開されている訳では無いので、見て回るのにそれほど時間はかかりません。
入場料などの支払いはスマホ決済に対応しているので便利です。

4.0過去 1 週間以内

当時の女工達の生活がよく分かりました。ガイドさん付けて見学したので分かりやすかったです。

2.01 週間前

思ったほど楽しく(興味をそそられない)はありません、もう少し当時の作業風景を再現とかでしたら楽しめましたがパネル展示や機械を展示してるだけって感じです。
国宝である西置繭所は見学に予約がいります。残念ながらそちらは見学できませんでした見学できていれば評価は変わっていたかもしれませんがそもそも1000円という入場料を払って見れないのは納得がいかない

4.01 か月前

世界遺産になった理由が分かります。素晴らしい工場であったことは見学してわかりますが、ぜひガイドさんの説明を聞きながら回ることをお勧めします。市営駐車場は近い所は有料ですが料金は安いのでお勧めです。無料駐車場はだいぶ歩きますが、お土産屋さんを見ながらであれば、あっという間かも。

レビュー (0)