熊野本宮大社

和歌山県の観光情報


【世界遺産】熊野本宮大社4.1

LINEで送る
このスポットに行くGoogle Transit
お勧め時期1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月

熊野本宮大社(くまのほんぐうたいしゃ)は、熊野巡礼の最終目的地である3つの神社の1つで、全国3千社におよぶ熊野神社の総本山だ。もともとの神社は川の近くの聖地に建てられていたが、1889年の大洪水で破壊されたため、現在の新しい建物が500m離れた場所に建てられた。旧社地には2000年に日本でもっとも高い34mの鳥居が建てられ、千年以上の伝統をもつ旧神社への思いを募らせてくれる。

巡礼の旅を体験してみたい人は、発心門王子(ほっしんもんおうじ)までバスに乗り、そこから巡礼の最終区間の7kmを歩いてみるとよい。途中には見晴らし台があり、旧社地を取り囲む森の広がりを眺めることができる。巡礼で疲れた足は、温泉で休めてほしい。近場に、湯峰(ゆのみね)、川湯(かわゆ)、わたせ、という3つの温泉がある。

目的世界遺産,日本の秘境,観光名所
最寄りの空港/駅関西国際空港 (約82.3km) Google Transit

口コミ

5.01 週間前

日本全国にある熊野神社の総本山として、また、サッカー協会のシンボル、八咫烏を祀っている神社として知られています。
すぐ近くの駐車場(無料)から長い階段を登っていくにつれ空気感が変わり、本殿は圧倒的な神聖さを感じます。近くの大斎原(おおゆのはら) には高さ30mの日本一大きい鳥居もあり、圧巻です。ここは数百年前まで本殿があった場所で、度重なる洪水を避けるため現在の場所に移転しました。現在、建物はないですが、ここも神聖な空気感を感じられます。

5.01 か月前

神聖な場所です。八咫烏(やたがらす)
パワースポットで、よみがえりや開運のご利益があるそうです。  参拝順もわかりやすく立て札にかいてあります。すごく良かったです。

個人的に思った感想です。
本殿に入り、空気が変わるって言うのか、この場所だけなんとも言えない感覚になった。
行かないとわからない、なんとも表現のしようのない不思議な感じがしました。心が洗われる…みたいな事なんでしょうか?

伊勢神宮7回、熊野大社3回訪れるとご利益があると社務所でお聞きしました。 楽しい人生になるように努力をしつづけ日々を感謝して過ごそうと思えました。 凄くありがたい場所。

5.01 か月前

三連休の中日に日帰りドライブして、熊野三山巡りをしようと思い立ち、枚方市から 国道168号線を南下。途中で谷瀬の吊り橋に立ち寄り約2時間30分で、到着しました。
鬱蒼とした森の入口に佇む鳥居をくぐり、急な石段を上り左手にある、祓戸大神にお参りして、それから本宮大社に参拝します。落ち着いた雰囲気の社殿を、三社から二、一、四、五社の順序で参拝しました。
約120kmかけて来た甲斐が十分ある良い場所でした。

5.03 か月前

2018年3月参拝。河川敷の駐車場に車を置いてバスで「発心門王子」へ行き、そこから熊野古道を約3時間歩いて本殿の裏側から戻って来ました。古代から熊野詣での人たちが何週間も険しい山道を越えてここに辿り着いた時の喜びは格別だったに違いありません。河原近くの大斎原がまた立派です。

4.02 か月前

熊野本宮大社(くまのほんぐうたいしゃ)は、和歌山県田辺市本宮町本宮にある神社。熊野三山の一つ。家都美御子大神(けつみみこのおおかみ、熊野坐大神〈くまぬにますおおかみ〉、熊野加武呂乃命〈くまぬかむろのみこと〉とも)を主祭神とする。古代から中世にかけて、神職はニギハヤヒの後裔で熊野国造の流れを汲む和田氏が世襲し、平安時代には式内社(名神大社)に列せられている。平安時代の末期には鳥羽上皇、後白河法皇、後鳥羽上皇などが幾度も熊野三山に足を運び、大いに賑わっている。

レビュー (0)