熊野本宮大社

和歌山県の観光情報


【世界遺産】熊野本宮大社4.1

LINEで送る
このスポットに行くGoogle Transit
お勧め時期1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月

熊野本宮大社(くまのほんぐうたいしゃ)は、熊野巡礼の最終目的地である3つの神社の1つで、全国3千社におよぶ熊野神社の総本山だ。もともとの神社は川の近くの聖地に建てられていたが、1889年の大洪水で破壊されたため、現在の新しい建物が500m離れた場所に建てられた。旧社地には2000年に日本でもっとも高い34mの鳥居が建てられ、千年以上の伝統をもつ旧神社への思いを募らせてくれる。

巡礼の旅を体験してみたい人は、発心門王子(ほっしんもんおうじ)までバスに乗り、そこから巡礼の最終区間の7kmを歩いてみるとよい。途中には見晴らし台があり、旧社地を取り囲む森の広がりを眺めることができる。巡礼で疲れた足は、温泉で休めてほしい。近場に、湯峰(ゆのみね)、川湯(かわゆ)、わたせ、という3つの温泉がある。

目的世界遺産,日本の秘境,観光名所
最寄りの空港/駅関西国際空港 (約82.3km) Google Transit

口コミ

4.0過去 1 週間以内

参拝に順序があり、まずは正面のスサノオノミコト。次に左側社殿のイザナキ、イザナミ。さらに天照大神。というわけでアマテラスを差し置いて、ここではスサノオが主祭神の地位にある。伊勢には行かず、20回以上、30回位以上熊野詣を行った上皇もいたとのこと。スサノオこそ本来の皇祖神だったのか?
社殿は三棟が並列しているが、それぞれ異なった造りで単純に美しい。

5.02 か月前

令和2年 皇紀2680年 西暦2020年3月25日

生まれて初めての熊野三山巡りのはじめに本宮大社へ参拝。
名古屋からレンタカーで来たが、ペーパードライバーの自分が
よくもまああんなカーブだらけの山道を無事にたどり着けたものだと
思う。神様のご加護があったのだと信じたい。

本宮大社では3000円の御朱印帳と熊野牛王神符を購入、
拝殿でご祈祷も受けさせていただいた。

参拝当日は雲一つない快晴で風もなく、素晴らしい日和で、とても心が和んだ。
本宮大社に参拝した後は、明治時代に水害で流されるまで本宮大社があった大斎原(おおゆのはら)にも立ち寄った。
日本一の大鳥居の奥、かつて社が建っていたそこは本当に素晴らしい場所だった。

陽光が燦燦と照りつけ、芝生と見事な枝垂れ桜。風もなく、音もなく、静謐な空間。
極楽浄土というものがあるのなら、こういう場所だろうと率直に感じたものだ。

僕はここで体験したことを一生忘れないだろう。熊野のことが大好きになってしまった。

4.01 週間前

規模が大きい神社で、世界遺産にもなっています。周辺には駐車場や飲食店もあるので、観光にも良いです。夜になると、大鳥居もライトアップされるそうです。御朱印も対応しておりますが、書き置きのみのになっています。こちらの神社の烏(からす)文字が書かれた特殊な護符を取り扱っていました。

4.01 か月前

熊野三山の一つで主祭神はスサノオノミコト、本地仏は阿弥陀如来。速玉大社や那智大社と違い朱色の建物ではなく落ち着いた赴きが良い。無料の駐車場もあります。旧社地の大斎原の大鳥居は圧巻です。

5.03 か月前

日本最高のパワースポット。なかなか大変なアクセスだが、それを補って余る以上。一度は行くべき場所。八咫烏の郵便ポストはユニークでGood。ちゃんとハガキが手元に届きました。熊野三山すべてまわるにはレンタカーがオススメ。周遊バスも出てますが自由に動けることを考えるとレンタカーかなと。予想以上に登り坂や階段が多いので履きなれた靴で臨むべき。次回は古道をしっかり歩いてみたい。

レビュー (0)