熊野本宮大社

和歌山県の観光情報


【世界遺産】熊野本宮大社4.1

LINEで送る
このスポットに行くGoogle Transit
お勧め時期1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月

熊野本宮大社(くまのほんぐうたいしゃ)は、熊野巡礼の最終目的地である3つの神社の1つで、全国3千社におよぶ熊野神社の総本山だ。もともとの神社は川の近くの聖地に建てられていたが、1889年の大洪水で破壊されたため、現在の新しい建物が500m離れた場所に建てられた。旧社地には2000年に日本でもっとも高い34mの鳥居が建てられ、千年以上の伝統をもつ旧神社への思いを募らせてくれる。

巡礼の旅を体験してみたい人は、発心門王子(ほっしんもんおうじ)までバスに乗り、そこから巡礼の最終区間の7kmを歩いてみるとよい。途中には見晴らし台があり、旧社地を取り囲む森の広がりを眺めることができる。巡礼で疲れた足は、温泉で休めてほしい。近場に、湯峰(ゆのみね)、川湯(かわゆ)、わたせ、という3つの温泉がある。

目的世界遺産,日本の秘境,観光名所
最寄りの空港/駅関西国際空港 (約82.3km) Google Transit

口コミ

5.0過去 1 週間以内

本殿は見事な檜皮葺です。空いている時間に訪れてゆっくり参拝するのがお薦めです。御守は500円ぐらいから、御札は1000円ぐらいから買えます。参道の階段の下には土産物屋があって、菓子、Tシャツ等を買えます。熊野古道を歩いてトレッキングすると充実した山旅が味わえます。中辺路、小辺路等の古道を歩く場合は、ガイドや語り部が同行するツアーに参加すると、詳しく説明してもらえます。

5.04 か月前

三連休の中日に日帰りドライブして、熊野三山巡りをしようと思い立ち、枚方市から 国道168号線を南下。途中で谷瀬の吊り橋に立ち寄り約2時間30分で、到着しました。
鬱蒼とした森の入口に佇む鳥居をくぐり、急な石段を上り左手にある、祓戸大神にお参りして、それから本宮大社に参拝します。落ち着いた雰囲気の社殿を、三社から二、一、四、五社の順序で参拝しました。
約120kmかけて来た甲斐が十分ある良い場所でした。

5.01 か月前

熊野三社のうちで最も北に位置し、五條から国道168号線・十津川を経由して新宮へ向かうと最初に到達出来る。社殿は熊野川沿いの小高い丘の上にあり、車だと丘の下の無料駐車場に車を停め、五條や新宮からバスだと社殿下の鳥居の前の停留所で降りる形になる。鳥居前の国道沿いは門前街になっていて、飲食店や土産物屋が並び、はずれには、セルフ式のガソリンスタンドもあるので、残量が不安な人は、日中ならここで一息つける。社殿一帯はもちろん強力なパワースポットで、鳥居をくぐると空気が一変する。お参りした後は、御朱印と午王符も忘れずに!

5.0過去 1 週間以内

平日、白浜温泉に泊まり翌日に伺いました。
かなり遠いかな…でも道がいいし桜が綺麗に咲いていて時期的によかったです。
駐車場は瑞鳳殿横(無料)の方が道を横断せず参道に行けるのでトイレもあって便利。
土日祝日は混むらしいので道を渡った方の大きな駐車場(無料)を利用してください。
参道を少し歩くと急な階段が…一ヶ所だけなのですが歩きやすい靴を履いて行った方がいいです。
手水舎は参道の所使用禁止になってます。社務所前の所を利用してください。
熊野本宮大社というだけあって境内は空気感が違っていて、心が清らかになった気がしました。御利益ありそう!

5.06 か月前

2018年3月参拝。河川敷の駐車場に車を置いてバスで「発心門王子」へ行き、そこから熊野古道を約3時間歩いて本殿の裏側から戻って来ました。古代から熊野詣での人たちが何週間も険しい山道を越えてここに辿り着いた時の喜びは格別だったに違いありません。河原近くの大斎原がまた立派です。

レビュー (0)