熊野速玉大社

和歌山県の観光情報


【世界遺産】熊野速玉大社3.9

LINEで送る
このスポットに行くGoogle Transit
お勧め時期1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月

熊野速玉大社は、和歌山県にある熊野三山のひとつとして全国に祀る数千社の熊野神社の総本宮です。
神倉山にあった元宮に対して現在の社殿を新宮とも呼びます。今から約二千年ほど前の景行天皇五十八年の御世に、熊野三所権現が最初に降臨せられた元宮である神倉山から現在の鎮座地にお遷りになり、これより神倉神社の『旧宮』に対して『新宮』と号したと古書にみえます。
御祭神は、熊野速玉大神(いざなぎのみこと)・熊野夫須美大神(いざなみのみこと)を主神に、十二柱の神々を祀り上げ新宮十二社大権現として全国から崇敬を集めています。
境内にそびえる樹齢千年のナギの大樹は平安末期に熊野三山造営奉行を務めた平重盛(平清盛の嫡男)が植えたものと伝えられ、梛としては日本最大です。国の天然記念物に指定されています。
敷地内には神宝館があり、熊野速玉大社に伝わる室町時代を中心とした中世の国宝神宝類凡そ1200点を所蔵、その一部を展示しています。そのほとんどが国宝に指定されている。

目的お祭り大好き,世界遺産,観光名所
最寄りの空港/駅新宮駅 (約1.3km) Google Transit

口コミ

4.03 か月前

帰り電車の合間にお参りしました。

5.01 か月前

日本中すごい数ある速玉大社の総本山!
段差が少なく、どなた様も行きやすい。
神門の2段が最大の段差。
駐車場から神門もすぐです。

ご神木の木は椰【なぎ】の木
葉脈が縦に入っているので、ちぎれないため、縁起がよく、ご縁もつなぐとか。。
樹齢千年の木のいわれは、、、
なんだかすごく説得力あります。

ナギの大樹は熊野権現の象徴として信奉篤く、古来から道中安全を祈り、この葉を懐中に納めてお参りすることが習わしとされています。

5.01 週間前

街なかのこんな平地に世界遺産の熊野速玉大社。
山の上の神社や寺、お城などが多くて足がキツい私はいつも苦労するのでとても有難い。
駐車場が無料だけど、停められる台数が少ないようです。土曜日だけど奇跡的にすぐ停められました。
世界遺産というと、古くて重厚なイメージなんですが
門の前に立ったらとても鮮やかで綺麗な朱色で
四国の耕山寺の門をくぐるような感覚で意外でした。
とても明るい!って印象を受けました。
十二支の中から自分の干支の大きな絵馬にもお参りして
ヤタガラスの御守りを購入しました。
今年も1年ありがとうございました⛩

5.04 か月前

熊野三山詣で来ました。

5.01 か月前

美しい朱色がシンボルの熊野速玉神社です。お参りの他にもうで餅とめはり寿司もおすすめです。
世界遺産「紀伊山地の霊場と参詣道」の構成資産「熊野速玉大社」は熊野本宮大社、熊野那智大社とともに熊野三山を構成する大社です。景行天皇の時代、神倉神社のゴトビキ岩に降臨した熊野権現を勧進するために社殿を造営したと言われています。
熊野速玉大神(くまのはやたまのおおかみ)と熊野夫須美大神(くまのふすみのおおかみ)という夫婦神が主祭神です。
境内に天然記念物に指定されている樹齢1000年のナギの巨木があることで有名です。左右対称の葉の形が特徴的で、夫婦円満のご利益があると言われています。

レビュー (0)