熊野速玉大社

和歌山県の観光情報


【世界遺産】熊野速玉大社3.9

LINEで送る
このスポットに行くGoogle Transit
お勧め時期1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月

熊野速玉大社は、熊野三山のひとつとして全国に祀る数千社の熊野神社の総本宮です。今から約二千年ほど前の景行天皇五十八年の御世に、熊野三所権現が最初に降臨せられた元宮である神倉山から現在の鎮座地にお遷りになり、これより神倉神社の『旧宮』に対して『新宮』と号したと古書にみえます。 御祭神は、熊野速玉大神(いざなぎのみこと)・熊野夫須美大神(いざなみのみこと)を主神に、十二柱の神々を祀り上げ新宮十二社大権現として全国から崇敬を集めています。

目的お祭り大好き,世界遺産,観光名所
最寄りの空港/駅関西国際空港 (約103.9km) Google Transit

口コミ

5.03 か月前

熊野三山巡りの最後にお参りしましたよ😃鮮やかな朱色の鳥居と社殿が、印象的だね☺️清々しい心地になるよね。2回目の熊野三山巡りも、無事終わったよ。それぞれのお社で、御朱印をいただきました。そして、神武天皇が東征の祭に、道案内をしたという八咫烏(やたがらす)の御神符も、それぞれのお社でいただきました。御利益があると良いなぁ😆額に入れ、居間に掲げていますよ😉
どこも、良かったなぁ😆3回目に挑戦したいな😵

5.01 か月前

6世紀に仏教が伝わると神仏習合が進み、「熊野権現信仰」が全国に広まった。「権現」とは、神が仮に仏に姿を変え、衆生を救うために現れたという意味で、過去・現世・未来を救済する霊場として熊野は広く人々に受け入れられていった。速玉大社は「現世」のご利益、那智大社は「過去世の救済」のご利益、本宮大社は「来世の加護」のご利益があるとされる。
景行天皇58年(128年)、熊野三所権現が最初に降臨した元宮・神倉山から現在地に遷り「神宮」と称されるようになった。熊野速玉大神と熊野夫須美大神を主祭神とし、あわせて十二柱をお祀りする。神倉山には摂社・神倉神社が鎮座し、ゴトビキ岩をご神体としている。

5.03 か月前

長い階段があるわけでもなく…なのですがそこが行きやすくて近くを通るとつい気軽にお参りしたくなる。それなのに凄い神社です。鳥居前を通り過ぎ駐車場に車を止めたらすぐ横が境内なのでついつい社に直行しちゃいますが、一生に一度の参拝の方は特に!忘れずに鳥居まで歩いて戻って下さいね。

4.02 か月前

熊野三山の一つ。熊野速玉大神(くまのはやたまのおおかみ)と熊野夫須美大神(くまのふすみのおおかみ)を主祭神とする。
創建年代は不詳である。
熊野速玉大神は、熊野速玉大社では伊邪那岐神とされ、熊野本宮大社では同じ神名で日本書紀に登場する速玉之男(はやたまのを)とされる。
また、この速玉之男神の名から神社名がつけられたといわれる。熊野夫須美大神は伊邪那美神とされる。もともとは近隣の神倉山の磐座に祀られていた神で、いつ頃からか現在地に祀られるようになったといわれる。神倉山にあった元宮に対して現在の社殿を新宮とも呼ぶ。穂積忍麻呂が初めて禰宜に任じられてからは、熊野三党のひとつ・穂積氏(藤白鈴木氏)が代々神職を務めた。
残念ながらこちらも神仏習合の名残りが残っていますが、熊野三山の中で最も御祭神の御神気を感じられ、また御歓迎を頂いた神社でした。

5.03 週間前

駐車場横が境内なので便利ですが、鳥居は少し離れた場所にあるので要注意。宝物館前の銅像がカッコ良かった。本殿は熊野三山の一社、那智大社と同じく朱色の立派な造りで、幟も迫力あり見応えあります。境内社の新宮神社にも是非とも参拝してほしいです。

レビュー (0)