青岸渡寺

和歌山県の観光情報


【世界遺産】青岸渡寺4.3

LINEで送る
このスポットに行くGoogle Transit
お勧め時期1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月

熊野エリアの山中にあるこの寺は、日本最古の仏教巡礼路の出発点となっていた。熊野信仰の3大社の1つである那智大社の隣りに建てられており、観音を本尊して祀っており、10世紀以来、巡礼者や修行僧を引き寄せてきた。

那智の滝を背景とした三重塔は、絶景のフォトスポットとなっている。本堂を訪れたあとに、三重塔に上って滝の雄大な姿を眺め、そのあとに坂を下って滝壺に近づくとよい。ここでのお土産は、黒飴と黒曜石がおススメだ。甘党の人は、黒飴アイスクリームを試してみてほしい。

目的パワースポット,世界遺産,家族向け,日本の秘境,紅葉,観光名所
最寄りの空港/駅関西国際空港 (約104.1km) Google Transit

口コミ

5.01 か月前

那智大社のお隣にあります。「補陀洛や岸打つ波は三熊野の那智のお山にひびく滝つ瀬」と歌に詠まれ、貴族たちから親しまれているこのお寺は、西国三十三所巡礼の第一番礼所でもあるそうです。
目の前に朱色の三重の塔と那智の滝の両方が見えるスゴイ景色が広がっていました。この自然が織りなす調和のパワーは思わず息をのむ迫力。この風景をあの豊臣秀吉も好きだったと伝わっているそうです。

5.03 週間前

那智山青岸渡寺は熊野那智大社の隣にあり、西国三十三所観音霊場巡礼の第一札所です。
豊臣秀吉が再建したとされる本堂からは厳粛な雰囲気が伝わり、身も心も引き締まる感じです。
麓の駐車場から445段の階段を上るのは大変ですが、到達すれば三重塔と那智の滝の絶景コラボを見る事ができます♪
ここから那智の滝まで15分ほどで行けます。

5.02 か月前

西国霊場の一番であり、その関係でなんとなくフワッと始めてしまった西国巡拝。
おかげで関東人なのに何度も関西に出向き西国霊場を巡拝すること三年。
結願して数年後に再度訪れ、期せずしてお礼参りとなり甦る思い出の数々。
改めて読経してスッキリする。
きっと前世の自分も訪れたのかな。

5.02 か月前

西国1番札所。
何度か訪れて居ますがが、ここから始まり、またここに来る。元気なうちに一度は西国ですよ。
昔はみんな歩いたんだよ。そして、本堂から、石段造ったんだよ。
しかしあの滝の上流は、どうなっているだろう…

5.03 か月前

世界遺産の一部として登録されている西国三十三所の第一番札所。お寺の詳細については大勢の方がレビューされているのでそちらをご参考に。国道46号線を青岸渡寺目指して車で登って行くと、ある所から突然空気が変わった様に感じました。467段ある石段の途中にある色んなお店に立ち寄りお店の方々との会話を楽しみながらお参りを済ませた帰りに寄る約束をして、ゆっくりと石段を登り進めます。楼門をくぐりさらに石段を登りきった所に本堂があります。本堂内陣の厨子の前にコチラのご本尊のお前立ち如意輪観世音菩薩坐像様がおられます。ほのかな光の中で浮かび上がるそのお姿に、時間が経つのも忘れて見入ってしまいます。本堂横、広場から三重塔、那智の滝が見えるそのさまは絶景の一言。広場には本堂同様に国の重要文化財である宝篋印塔や、鐘を撞いてはいけない鐘楼、和歌山県指定の天然記念物タブノキなど見どころ満載。本堂から少し離れた所にある三重塔にも登りました(有料300円。障害者手帳あれば当人は無料)塔の中には千手観音様がおられたり、金剛界の曼荼羅が描かれたりとコチラも見応えがり、最上階からは那智の滝の滝壺までハッキリと見えます。落下防止、危険防止の為金網が張り巡らされていますが、那智の滝の所だけ穴が空いておりそこから写真を撮りやすくしてくれるというサービス精神も旺盛です。敷地も広くアップダウンもきついので体力は要りますが時間をかけてゆっくりと見る事が出来る素晴らしいお寺です。日本全国の皆さんにココは是非行って欲しい。帰りにお店に寄ってココでしか売ってないパッケージの那智黒を買いました。

レビュー (0)