青岸渡寺

和歌山県の観光情報


【世界遺産】青岸渡寺4.3

LINEで送る
このスポットに行くGoogle Transit
お勧め時期1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月

熊野エリアの山中にあるこの寺は、日本最古の仏教巡礼路の出発点となっていた。熊野信仰の3大社の1つである那智大社の隣りに建てられており、観音を本尊して祀っており、10世紀以来、巡礼者や修行僧を引き寄せてきた。

那智の滝を背景とした三重塔は、絶景のフォトスポットとなっている。本堂を訪れたあとに、三重塔に上って滝の雄大な姿を眺め、そのあとに坂を下って滝壺に近づくとよい。ここでのお土産は、黒飴と黒曜石がおススメだ。甘党の人は、黒飴アイスクリームを試してみてほしい。

目的パワースポット,世界遺産,家族向け,日本の秘境,紅葉,観光名所
最寄りの空港/駅関西国際空港 (約104.1km) Google Transit

口コミ

5.06 か月前

濃霧の場合滝は見えないかも知れませんが、とてもきれいな場所です。

4.05 か月前

青岸渡寺(せいがんとじ)は、和歌山県東牟婁郡那智勝浦町にある天台宗の寺院。西国三十三所第1番札所。山号は那智山。本尊は如意輪観音菩薩。本堂および宝篋印塔は重要文化財。ユネスコの世界遺産『紀伊山地の霊場と参詣道』

中世から近世にかけて隣接する熊野那智大社と一体化し、那智山熊野権現や那智権現と呼ばれ、全体で7寺36坊もの坊舎を有する神仏習合の修験道場であった。如意輪堂と称されたその堂舎は那智執行に代表される社家や那智一山の造営・修造を担う本願などの拠点であった。

花山法皇が三年間参篭し、当寺を第一番として西国三十三所観音を巡礼した。

堂舎は織田信長の兵火にかかった後、天正18年(1590年)豊臣秀吉によって再建された。

3.01 か月前

西国三十三所巡礼第1番「青岸渡寺(せいがんとじ)」。ユネスコ世界遺産として一部登録されている。朱色の三重塔が那智の滝がある黒い背景に浮かび上がり、美しかった。ただ那智大社参道の450段からある階段から上ったのできつかった。西国三十三所巡礼する高齢者は無理をせず、バスで向かうか、朱印帳は人に託して下の茶店で留守番するのかいいかもしれませんよ。

3.01 か月前

那智三山の内、ここだけは駐車場に苦労しました。有料駐車場でも、空車待ちで停められませんでした。観光シーズンの午後だったからかもしれませんが、駐車場は少ないようです。
それから、那智三山の内、ここは階段をたくさん登らなければなりません。お年寄りや身体の不自由な方はたいへんだと思います。境内には業務用と見られる車が停まっていたので、車でも行けるかもしれません。
たくさんの階段を上った甲斐のある観光が楽しめました。
歩く距離も長いので、おみやげ屋さんもたくさんありました。
お抹茶をいただけるお店で、快適に休ませていただきました。

3.06 か月前

◆熊野那智大社に隣接する天台宗の寺院で、西国三十三所第一番の札所。壮大な本堂は重要文化財に指定されている。

レビュー (0)