ねぶたの家 ワ・ラッセ

青森県の観光情報


ねぶたの家 ワ・ラッセ4.0

LINEで送る
このスポットに行くGoogle Transit

この博物館は2011年にオープンし、過去に使われたねぶた(山車、フロート)のデザインやイメージを展示しながら、青森ねぶた祭りの歴史を紹介している。アトリウム(吹き抜け)には実物サイズのねぶたも飾られ、その威風堂々たる姿に圧倒される。「ワ・ラッセ」というコトバは、調和を意味する「和」に、祭りの掛け声である「ラッセ」を組み合わせたもの。

目的体験,観光名所
最寄りの空港/駅新千歳空港 (約232.1km) Google Transit

口コミ

5.07 か月前

お祭りよりもねぶた絵が好きなので、今回初めて、じっくりと見学できて感動しました。作品ひとつひとつを近くで見られるので、作り手さんによって作風が異なるのが良く分かります。どのねぶた師さんの作品も素晴らしいですが、特に大白我鴻(Ohshiro Gako)さんの色使いに心奪われました。入館料を何度払ってでも、また見に行きたいと思います。
JR青森駅から徒歩1分と、とても近いので、列車の乗りかえに30~40分以上時間がある方は是非立ち寄って見ることをおすすめします。

写真撮影については、お土産・グッズ売場(青森ふるさとショップアイモリー)の店内と商品の撮影は禁止ですが、ねぶたミュージアム内とそこにある作品の撮影はOKとのことです。

4.01 か月前

今年はねぶた開催されなかったので、ねぶた気分を味わいに行きました。オシャレな建物、ねぶたの展示、初めて見る人にも楽しめるものでした。スクリーンでの上映も、一回の長さや、初めての人向けに専門用語が分かりやすいなど、良い点がたくさんありましたが、画面の周りがが明るいからか、臨場感には欠けました。
時間のある人向けに、説明ではなくて、前の年のねぶたの最初から最後までを、ダイジェストで観れる、みたいな映像があると、ねぶたの臨場感を味わえると思います。
とはいえ、ねぶたを落ち着いて写真に撮れる展示はなかなか良かったです。ねぶたの内部も見れました。

5.0過去 1 週間以内

「でっけー!」ねぶたを、初めて見た感想です。過去のねぶたが数台展示されていました。そのうち、1台が内部の造りも見れるようになっていました。とにかく、こんな巨大なものを造り上げるねぶた師の技術に脱帽です。ねぶたの顔!?に落書きをできるCGのコーナーもあったりして、結構楽しめました。飲食店も併設されているので、じっくり回ることができました。建物そのものもアートしているので、とても映えると思います。

5.07 か月前

ねぶた祭りが始まるまでの時間潰しにと入ってみたが、コンパクトながら充実した展示内容で、体験コーナーや実演、参加イベントもあり、祭り本番に向けて気分も盛り上がって子供から大人まで楽しめた。
オシャレな建物で入り口が少し分かりにくく、ぐるっと一周してしまった。高齢者は暑くてフラフラになってしまう。矢印など案内があると良いと思った。

5.01 年前

JR青森駅横
駅横の駐輪場には、大型バイクは駐車不可
車と同じ施設横の中にとめる
中を見る時間的余裕無く残念です(>_

レビュー (0)