国立文楽劇場

大阪府の観光情報


国立文楽劇場3.7

LINEで送る
このスポットに行くGoogle Transit

国立文楽劇場は、日本伝統の「文楽」人形劇を上演するための劇場。文楽では1つの人形を3人で操作し、1人は足、もう1人は左手、そしてメインの人形師が右手と頭を動かす。さらに、語り部と三味線の演奏者が舞台に上がる。

文楽は1日に約4時間のステージが2回上演される。上演があるのは1月、4月、6月、7~8月、11月で、通常は3週間の連続上演がある。ひと幕のみのチケットは、当日に限り、カウンターで販売している。英語のパンフレットと音声ガイドもある。

目的観光名所
最寄りの空港/駅大阪国際空港(伊丹空港) (約15.2km) Google Transit

口コミ

5.0過去 1 週間以内

4月公演の「小鍛治」を見に行ってきました。
文楽人形の動きは時に生々しく、魅せられるものがありました。
舞台上部に字幕が投影されるので話が理解しやすいです。
有料(700円)ですが初心者向けに解説が聴ける音声ガイドがあるのもいいですね。

5.01 か月前

2月23祝に延期になっていた、上方演芸祭りが無事に開催された。日本の伝統的なパフォーマンス、また、特別ゲストに、近江飛龍が出演 花魁での舞踊で花を添えられ盛況に終演。会場は、小ホール見やすかったです。

4.01 か月前

コロナ対策として、正門以外は閉じ導線を限定した上で、係の人が立ち会いのもと、消毒等を徹底されています。客席はもちろん、ロビーの座席もディスタンスを確保。感染対策は万全かと思います。

5.0過去 1 週間以内

文楽観賞の専門施設で、はじめてでもイヤホンガイドと字幕でばっちり見ることができる。
文楽公演を行うホールは携帯の電波を遮断している。

4.0過去 1 週間以内

日本に古くからある文化を、その中身をできるだけ変えずに、といっても、時代とともに、演技者も変わっていくのは、当たり前のことなので、部外者がとやかく言うことではないけれど、日本の貴重な財産を、守っていってほしい。

レビュー (1)

X24

私は、gthis スポットをご案内することができます。

私は、gthis スポットをご案内することができます。

I can guide gthis spot.

続き閉じる

すべてのレビュー

旅行プラン