淡嶋神社

和歌山県の観光情報


淡嶋神社4.0

LINEで送る
このスポットに行くGoogle Transit
お勧め時期1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月

全国にある淡島神社(淡嶋神社)・粟島神社・淡路神社の総本社で、女性の病気回復や安産・子授けの神様で知られる和歌山県和歌山市の淡嶋神社。
海の青を浮かび上がらせる南紀の日差しと、潮の香りが旅情を誘う和歌山・加太の海岸沿いにあります。
人形供養発祥の地、ひな祭りの発祥の地として信仰を集めてきた神社です。
人形供養の神社としても有名で、境内には供養のため毎年3、4万体もの人形が奉納されます。
無数の雛人形や市松人形、フランス人形が境内に隙間なく陳列され、境内一円に奉納された2万体ともいわれる無数の人形であり、その様はひとえに壮観です。
その他信楽焼の狸の置物や招き猫、福助人形、干支の置物なども所狭しと並べられています。
幻想の世界が目の前に広がり、神秘的な雰囲気に呑まれそうになります。

2月8日の針祭(針供養)と3月3日の雛祭(お雛様を白木の舟に乗せて加太の海に流す雛流し)はとても有名です。

住所:和歌山県和歌山市加太116 淡嶋神社
最寄り駅:加太・南海電車「加太駅」 から徒歩20分。

目的インスタ映え,パワースポット,海・ビーチ,恐怖スポット,観光名所
最寄りの空港/駅加太駅 (約1.3km) Google Transit

口コミ

3.01 週間前

ここは歴史もあるし、見ごたえもなかなかあるのだけれど(と言っても30分もかからないくらいの規模)、いかんせんこの辺りは商魂たくましいというか・・・
駐車場1つにとっても和歌浦の寺・神社は基本無料なのに対して、加太はどこも有料(しかも神社の鳥居の真ん前にある有料駐車場は、いろんな意味で最悪)
手前のお土産屋とかも、京都じゃあるまいし、なんだかなぁ・・・って感じです。昔に比べたら呼び込みとかマシになってましたが。

3.01 か月前

亡き姉は子供がいなくて、お人形さんに手作りの服を着せて三食をも欠かさずに据えていました。その子達を淡島さんに連れていきました。お焚き上げの手続きをして、お供えをしたのですが、きっと臨時のアルバイトの人なんでしょうね。すごいきれいなネイルに違和感を覚えました。でも、耳飾りをしたりしたりした、神話の中の神々もお洒落やったからええのやろぉ

5.02 週間前

全国に約千社ある淡嶋神社の総本社で、人形供養や婦人病祈願の神様として有名。
主祭神は、大己貴命(大国主命)、少彦名命、息長足姫命(神功皇后)で、嵐にあった神功皇后が大己貴命と少彦名命のおかげで友ヶ島に到着できたという故事に由来するそうです。
3/3に、使われなくなった人形を船に載せて海に流す雛流しの行事は有名で、境内には供養のために奉納された雛人形、招き猫、市松人形など無数の人形が所狭しと並べられています。
本殿の裏の末社は安産・子請授・婦人病の神様として有名で、従来は髪の毛や木製の張り型がおさめられてきましたが、近年はパンツをおさめるように変わっています。江戸時代には、淡島願人(がんにん)と呼ばれる半僧半俗の者が神棚を背負って全国を回り、安産や婦人病快癒を祈願する女性からお布施を集め淡嶋信仰を広めたことから、全国各地に淡嶋神社ができることとなりました。

5.02 か月前

友達から縁起のいい話を聞いて行ってみました!
境内にはたくさんの人形が祀られていました!
独特な雰囲気がありました。
近隣にタイムスコインPがあり、お守り買うところで駐車券通してくれます!
友達がおすすめしていたかえるのお守りもGETできてよかったです(=゚ω゚)ノ
近隣にはお食事処、温泉、海水浴場がありました♪

3.02 か月前

よく怪奇特集とかで出てくる神社。
オドロオドロした雰囲気に期待していくと、がっかりします。人のいるときは普通の神社。そういうの期待するなら人が途絶えた夕方オススメ。
御朱印はハンコのみのがっかりタイプ。

それと、横に車のみのタイムズ駐車場あり。バイクは停められません!って書かれてるのでそこらへんに路駐です。
バイクも多いんだから車だけ優遇しなくてもいいのになあと思うね。

レビュー (0)