大鳴門橋

徳島県の観光情報


大鳴門橋3.7

LINEで送る
このスポットに行くGoogle Transit

兵庫県南あわじ市の淡路島と徳島県鳴門市の大毛島間を結ぶ、1985年開通の吊り橋です。
全長が約1.6km、幅25m、水面からの高さは約45mになり、鳴門大橋とも呼ばれています。
2層構造の上部は神戸淡路鳴門自動車道、新幹線用として設計された下部は、一部のみ観光用歩道になっています。

世界最大級のうず潮で知られる鳴門海峡を渡る四国と関西を直結する交通の要であり、観光ルートです。

鳴門大橋は、期間限定でライトアップイベント(年末年始、震災記念日、ゴールデンウィーク、阿波踊りや夏休みシーズン、日没~)を開催しています。
大鳴門橋遊歩道「渦の道」にはガラス張りのフロアがあり、45mの眼下に奇勝・うず潮を見ることができます。

大鳴門橋遊歩道 渦の道:徳島県鳴門市鳴門町(鳴門公園内)
営業時間:夏季(3月~9月) 9:00-18:00、冬季(10月~2月) 9:00-17:00、ゴールデンウイーク及び夏休み 8:00-19:00
休日:3月、6月、9月、12月の第2月曜日
入場料:大人510円、中高生410円、小学生250円

目的アクセス良好,インスタ映え,スリル満点,ビーチがある,夜景,自然観察,観光名所
最寄りの空港/駅鳴門駅 (約7km) Google Transit

口コミ

4.01 週間前

冬に来るのならば、寒さ対策絶対です。
風が凄いので、体温がどんどん下がります‼️

渦が確実にみたい人は、時間を調べていきましょう‼️
いつでも見れる訳じゃあないみたいです。

自然の力でこんなにも感動するとは、もう一度訪れたい場所です‼️

5.01 か月前

面白い場所です。
橋を渡る車の音が凄いよ。
その為揺れるし騒音。足元見えるし凄い下に海やし。
怖いけど景色は良い。所々硝子張りの床とか、隙間ある通路とか。怖い。
でも面白さは満点。

4.03 週間前

時間帯によって、渦潮が見れるかは運次第です。
駐車場は、500円。歩道橋を渡り、坂を下っていくと施設があります。中も外も結構歩かないと行けないので女性の方は、ヒールなどは辞めておいたほうが良いかと思います。
高齢者向けにシルバーカーの貸し出しもありました。

入場料は510円です。

冬場は、結構寒いので防寒をして行ってください。

5.03 週間前

2020.11月中旬、大阪から高速バスに乗車して「鳴門公園口」で下車しました。
このバス停は降車専用なので、帰りの交通機関は時刻表とともに事前に調べておいた方が安心です。
「渦の道」は他の施設や渦潮を船上から間近で見る事が出来る乗船券等とのセット券があります。
今回は「大鳴門橋架橋記念館エディ」との共通チケット(一般900円)で入場しました。JAF割引もありましたが、こちらのセット券は割引率が同じとの事でした。
2つの施設は徒歩約3分で移動出来るので、渦潮の見頃時間までに余裕があれば先にエディで渦潮のメカニズムや大鳴門橋の仕組みを学んでから渦の道へ行くとより渦潮を楽しめるかなと思います。
GoToキャンペーン中でしたが平日という事もあり、少ないお客さん同士で皆さんお互いに気を遣いつつソーシャルディスタンスをしっかり取れた状態で渦潮をゆっくり見る事が出来てとても良かったです。
訪れた日は運良く晴天でしたが、遊歩道は屋内なので、多少の悪天候の日でも眼下の渦潮は楽しめそうです。

5.03 週間前

うひょー!!!めちゃめちゃ景色いいでやんすな!!(*ゝω・*)
すげー!!!眼下45メートルの橋下を歩く!!
途中ガラス張りの床があり歩くのが躊躇してしまうところもありますが、勇気を出して歩く!!うお!!!
高所恐怖症の方はおやめになったほうがいいです。(ToT)
私もそのけがあるのですが、足ががくがくブルブルしてこわいです。( *´д)/(´д`、)
でもこんな絶景なかなか見れないのでおすすめです。
鳴門北インターからおりて10分くらいでつけます。
鳴門大橋の架橋記念館と渦の道ふたつでおとな900円のチケットを販売しているので是非おすすめです。("⌒∇⌒")("⌒∇⌒")("⌒∇⌒")

レビュー (0)