古閑の滝

熊本県の観光情報


古閑の滝2.9

LINEで送る
このスポットに行くGoogle Transit
お勧め時期1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月

落差約80mの男滝と、約100mの女滝の二つに分かれる夫婦滝。
普段ともに水量に乏しく、岩肌が湿る程度の貧弱な流れで目立たないが、真冬になると阿蘇谷から冷風が吹いて、滝の下から吹き上げられた冷気によってしずくが少しずつ凍り、滝全体が巨大な迫力ある氷瀑となります。

水しぶきが凍ってできる、繊細で美しい“氷の華”は氷が作る芸術作品。
また、春先には氷が割れて落ちる音が響き渡り、阿蘇に春を告げる音となっています。
直下へ続く遊歩道と展望台が整備されています。
毎年1月中旬から2月末までは、ライトアップが行われます。

所在地:熊本県阿蘇市一の宮町坂梨
交通:豊肥本線「宮地駅」から徒歩40分
クルマ:国道57号坂梨交差点より駐車場(有料)まで約2km。駐車場から滝下までの遊歩道を歩いて10分。

写真元:Kitadake3193 - 投稿者自身による作品, CC 表示-継承 3.0, https://commons.wikimedia.org/w/index.php?curid=16292369による

目的夜景,日本の冬を感じる場所,日本の秘境,自然観察,観光名所
最寄りの空港/駅宮地駅 (約3.1km) Google Transit

口コミ

4.0過去 1 週間以内

古閑の滝だけの評価は星満点なのですが、Googleナビで行ったら、山の頂上なのか?とんでもない道を行かされ、とんでもない場所で『目的地に到着しました。』と言われました。
諦めて帰っていたら、看板を見つけて何とか到着❗
最初誰も居なくて、自然に出来た美しい風景を楽しみ癒されてたのですが、後から来た20代位の男女のグループが、大騒ぎしながら石を滝に投げ始めて、美しい風景を破壊し喜んでました。
勿論、即報告しに行きました。
管理者は駐車場に1人要るだけなので、壊されても気付かない。
出来れば巡回する人が、もう1人居たらと思いました。

とても静かで、癒されたい方にはお薦めですが、マナー有る行動をお願いしたいです。

2.01 か月前

滝までかなりアップダウンのある道を600メートルでやっとたどり着きますが、滝の水はチョロチョロと下の方に流れてましたが、全く迫力やマイナスイオンなど感じられませんでした。凍った時なら珍しくていいのかも知れませんが。駐車場は無人で箱の中に車種に応じた金額を支払うようになってます。周辺に滝以外、何にもなく、普通車で300円は少し高めの設定かと思いました。

4.03 か月前

古閑の滝(こがのたき) 熊本県阿蘇市 2021/10/07

走っていると「古閑の滝」の看板が見えたので、寄り道。 滝自体は水が少ない日に当たったのか、余り迫力はなかった。 後日調べてみたら、落差約80メートルの雄滝、落差約100メートルの雌滝と滝も2本あり、冬の氷瀑で有名らしい。 2本の滝が凍り付き、周りの水分も凍って、氷瀑はライトアップもされる位見に来る人が多いらしい。。。。

有料駐車場があるけれど、係の人もいないし、自分以外誰もいないので実質無料。 この駐車場から滝までの距離が結構あってきつかったぁ。。。 歩いた結果が壮大な景色というのなら、歩いた苦労も吹き飛ぶけど、歩いた結果が期待外れだと一気に疲労感が押し寄せる(苦笑  後になって思ったのは、滝の見える場所まで(後半はきついけど)バイクで来れない事はなかったなと。

5.03 週間前

絶壁の上から下まで凍っていました
九州にもいくつかある氷爆ですが一番の落差だと思います
遠くからも上の一部は見えます
駐車場からの道程は後半が急で滑り易いと思いますが、コンクリートで固めているから泥は付きません

4.04 週間前

道のりも程よく、滝も迫力があります

レビュー (0)