金峯山寺

奈良県の観光情報


【世界遺産】金峯山寺4.3

LINEで送る
このスポットに行くGoogle Transit
お勧め時期1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月

ケーブルカーの駅から5分ほど坂を上ると、金峯山寺の大きな門に通じる石の階段が現れる。この門よりもさらに大きいのは、境内にある高さ34mの本堂で、日本で2番目に大きな木造建築と言われている。8世紀以来、この場所は修験道の中心地であり、聖地・小峯山への山岳巡礼が始まる出発点の1つとなっていた。春は日本最大の花見スポットである吉野山がすぐそばに控え、秋のハイキングもすばらしい。

目的シニア向け,世界遺産,日本の秘境,桜花見,私は芸術が好きだ,紅葉,観光名所
最寄りの空港/駅大阪国際空港(伊丹空港) (約60.7km) Google Transit

口コミ

5.01 か月前

関西最大の御利益のある神様が遷座されているのがこの金峯山寺です。

私も右足脹ら脛が肉離れしてお参りして夕方5時のお勤めに誘われて参加したら直ぐにその肉離れが治り走る事は出来ませんでしたが普通に歩いて帰る事が出来ました。

イチオシのお寺です。

5.02 か月前

御朱印をいただきました
蔵王堂(300)
愛染明王(300)
十一面観音(300)
蔵王大権現(500)
蔵王堂(300)
威徳天満宮(300)(吉水神社でいただける)
駐車場:なし
拝観料:500(JAF会員割引あり)
特別開帳(1000)
役行者霊蹟36ヵ寺出開帳(1000)

役行者霊蹟礼所

仁王門は改修中のためほとんど見ることはできませんでした。境内は自由に見学できました。本堂内左手に受付があり本堂内の拝観料の支払いや、御朱印の記帳はこちらでしていただきました。
追記 秋の特別開帳で、金剛蔵王権現を参拝してきました。デカいです。肌が青い仏様を見るのは初めてでした。本堂に入るときに脱いだ靴を入れる袋や、木札をいただけました。開帳時限定の「蔵王大権現」の御朱印は書置きタイプのものでした。授与所が以前とは異なる場所に開設されていました。

追記 役行者霊蹟36ヵ寺出開帳にいってきました。大峰山寺などの参拝に行けないお寺の御朱印だけをいただきました。専用御朱印帳用の書置きタイプにも、普通の御朱印帳への直接記帳にも対応していただけるようになっていました。
すごい人の数でした。最終日もすごくならぶことになるかも。蔵王堂の縁側伝いに各寺社がならぶ形で、反時計回りに1周することで35ヵ所を廻れるようになっていました。その後、本堂内で蔵王権現にお参りする流れになるので、特別開扉の参拝料が必要です。
追記 今月で終了ということで吉野山寺宝めぐりに行ってきました。以前にも延長されていたので、今後も延長されるんでしょう。専用御朱印帳が確実にあるであろう金峯山寺からお参りしました。専用御朱印帳は300円で、見開きで1寺です。左のページに御朱印をいただき、右のページには散華を貼るようになっています。金峯山寺では「蔵王堂」を記帳していただきました。散華(100)もいただきました。
追記 令和3年1月下旬にお参りにいってきました。境内に奉られている威徳天満宮の御朱印が吉水神社でいただけるという案内が掲示されていたので、吉水神社で書置きタイプの御朱印をいただきました。
追記 令和3年10月初旬お参り。久しぶりに吉野山寺宝巡りをしてきました。蔵王堂が修復工事のため全面にシートのようなもので覆われていました。

5.01 か月前

桜の季節はとても賑わいます。青い蔵王権現様の御開帳が限られているので、それに合わせて出かけるといいです。たくさん歩いても大丈夫な靴で。

5.01 か月前

2021.11.20現在

ひろーい駐車場1000円
ここから目指す蔵王堂まで20分程歩きますが道中の景色も楽しめます。

土日祝はお店も色々開いてます🍡🍢🍚

秋の特別ご開帳は11/30まで🍁
大人1600円→金峯山寺の木のお札?お守り?と靴を入れる袋をいただけます✨

桜の季節とは違いゆっくりゆったり拝観できます。
外観はこれから7年間は囲われてしまい全貌を見ることはできません。

金峯山寺はいわゆる檀家さんなどはおらず在家の得度された僧侶や地域の方々また徳川家康をはじめ南朝時代の中心地であったように色々なかたちで守られてきたようです✨

あらましは館内に流れるアナウンスが役立ちます。
一歩足を踏み入れると上も下も周りを沢山みてください✨そそり立つ柱もすごいです。杉や梨の木などそれぞれ意味があるみたいです。鬼門に梨の木

オススメ▶︎普段は限られた僧侶しか足を踏み入れることのできない蔵王権現様のお近くに発露の間(はつろのま)という仕切られた懺悔(ざんげではなくさんげ)場所が設置されており順番に案内して頂けます。障子で仕切られた空間となり静かに自分と向き合えます。又ほかに類を見ない青く輝く三体の大秘仏と目が合うまたとない特別な体験ができます。⚠️これは常に行われているのかはわからないので前もって調べてから行かれてくださいね。

オススメ▶︎12時に護摩が始まりますのでその時間に併せて拝観されると✨蔵王堂の中で炎と法螺貝ありがたい説法もきけますよ

『人生で一度は体験したい』の五本の指にはいる体験です✨

▶︎拝観順路に本地堂もあり、蔵王権現の本地である釈迦・千手観音・弥勒の三尊、役行者・前鬼(ぜんき)・後鬼(ごき)像が安置されています本来のお姿も拝むことができます✨

ホームページより
金峯山寺の御本尊である金剛蔵王大権現は、およそ1300年前に修験道の御開祖である役行者神變大菩薩によって感得された権現仏です。その感得をされた際の様子を寺伝では次のように伝えています。
役行者は、全国の霊山を御開山になった後、熊野から大峯山脈の稜線伝いに吉野に修行されること33度を重ねられ、最後に金峯山(大峯山)山上ヶ岳の頂上で、一千日間の参籠修行をされました。苦しみの中に生きる人々をお救いいただける御本尊を賜りたいとの役行者の祈りに応えて、先ず釈迦如来、千手千眼観世音菩薩、弥勒菩薩の三仏がお出ましに成られました。役行者は、その三仏の柔和なお姿をご覧になって、このお姿のままでは荒ぶ衆生を済度しがたいと思われて、さらに祈念を続けられました。すると、天地鳴動し、山上の大盤石が割れ裂けて、雷鳴と共に湧き出るが如く忿怒の形相荒々しいお姿の御仏がお出ましに成られたのです。この御仏が金剛蔵王大権現で、役行者はこれぞ末法の世を生きる人々の御本尊なりと、そのお、姿を山桜の木にお刻みになってお祀りされたのでした。これが、金峯山寺の始まりであり、修験道の起こりと伝えられています。
権現とは、神仏が姿を変じてお出ましになった仮のお姿という意味です。金剛蔵王大権現は、役行者の祈りに応えて最初に現れられた釈迦・観音・弥勒の三仏が、柔和なお姿を捨てて、忿怒の形相荒々しいお姿となってお出ましに成られたものです。大変恐ろしいお姿ですが、慈悲と寛容に満ちあふれたお姿と言われます。全身の青黒い色が、その慈悲と寛容を表しています。まさに怒りの中にも全てを許す「恕(じょ)」のお姿なのです。慈愛に満ちた父母の怒りに似たお姿ともいえるでしょう。
この御本尊は、昔から国土安穏、鎮護国家、悪魔降伏、三世救済(過去・現在・未来をお救いくださる)の御仏として信仰されてきました。千三百年の歳月を経てもなお、多くの方々に額ずかれ、多くの御利益を施されています。

追伸👩‍🦼
かなりご高齢の車椅子の方もご家族で来られていたので事前に相談されるといいようです。

その他
吉水神社もほんとに面白いです。え?嘘でしょって言うこと間違いなしの展示物😆拝観料400円だったかな、お庭から蔵王堂が眺められます。

美味しいお蕎麦屋さん矢場的だったかな
鰻やさんもありますよ♪色々Googleマップで下調べしてから行かれると一日楽しめます👍

5.03 か月前

20歳の時、ご開帳を拝観しました。
神仏習合の霊場。私は神であり仏でもある蔵王権現様に心惹かれます。
鬼気迫る表情とダイナミックな迫力に感動しました。なぜ蔵王権現様がイカツイ姿なのか?それは愚かな私たちを正すためです。
人間は傷つき、傷つけ合う生き物。人の心は弱いから嫌なことがあると酒やギャンブルなどに逃げ、時には自分よりも弱い人をイジメてしまうから、この御仏は人の心の魔に容赦なく鉄槌を下すのです。私たちを思う厳しい優しさゆえに。
世知辛いですが明日は今日より少し、世界が平和になりますように。また参りたいです。

レビュー (0)