原爆ドーム

広島県の観光情報


【世界遺産】原爆ドーム4.8

LINEで送る
このスポットに行くGoogle Transit
お勧め時期1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月

12ヘクタールという大規模な平和記念公園の北の端に、1945年8月6日以来、ドームを添えたこの建物の骨組みが立ち続けている。600メートルの上空で原子爆弾が炸裂したのちに倒壊しなかった唯一の建物であり、もっとも有名な広島のシンボルであると同時に、ここで起こったことを後世に伝え続ける歴史の証人でもある。建物の中にある瓦礫は当時のままに残されている。

この場所は1996年にユネスコ世界遺産として登録され、夜は美しくライトアップされている。詳しい説明に関しては、近くにある記念博物館を是非とも訪れたい。広島駅から路面電車で15分、この建物のすぐ側で下車できる。

目的ここは行っとけ,アクセス良好,シニア向け,一生の記憶に残る,世界遺産,友達に自慢できる,家族向け,日本が初めて向け,観光名所,超メジャー
最寄りの空港/駅広島空港 (約43.1km) Google Transit

口コミ

4.01 か月前

もともとは広島県のさまざまな物産を展示するための広島県物産陳列館として開館され、戦中から原爆投下時までは広島県産業奨励館と呼ばれていた。
ユネスコの世界遺産(文化遺産)に登録されており、「二度と同じような悲劇が起こらないように」と戒めや願いをこめて、特に負の世界遺産と呼ばれている。

広島市は、日清戦争で大本営がおかれたことを契機に軍都として急速に発展していった(広島大本営の項を参照)。
経済規模の拡大とともに、広島県産の製品の販路開拓が急務となっていた。
その拠点として計画されたのが「広島県物産陳列館」である。
1910年(明治43年)に広島県会で建設が決定され、6年後の1915年(大正4年)に竣工した。
1915年(大正4年)4月5日に竣工、同年8月5日に開館した。設計はチェコ人の建築家、ヤン・レッツェル。工事の施工を椋田組が請け負った。ドームの先端までの高さは約25メートルあり、ネオ・バロック的な骨格にゼツェシオン風の細部装飾を持つ混成様式の建物であった。レッツェルの起用は、当時の寺田祐之県知事によるものであり、寺田は前職の宮城県知事時代、レッツェルの設計した松島パークホテルを見て彼に物産陳列館の設計を任せることを決めたといわれる。さらに同じころ、レッツェルは宮島ホテル(1917年竣工。現存せず)の設計も手がけている。設計料は4,575円。当時広島市の土地は坪当たり24銭から4円で、石工の日当は90銭から1円10銭、新橋 - 広島間の汽車の運賃は三等車で5円17銭、一等車でも13円33銭であった

▼原爆投下までの沿革
1919年(大正8年)3月4日から物産陳列館で開催された「似島独逸俘虜技術工芸品展覧会」では、日本で初めてバウムクーヘンの製造販売が行われた。これは、第一次世界大戦中に中国の青島で日本軍の捕虜となり、広島湾に浮かぶ似島の似島検疫所内「俘虜収容所」に収容されていたドイツ人の菓子職人カール・ユーハイムによるものである。

1921年(大正10年)に広島県立商品陳列所と改称し、同年には第4回全国菓子飴大品評会の会場にもなった。1933年(昭和8年)には広島県産業奨励館に改称された。このころには盛んに美術展が開催され、広島の文化拠点としても大きく貢献した。しかし、戦争が長引くなか、1944年(昭和19年)3月31日には奨励館業務を停止し、内務省中国四国土木事務所・広島県地方木材株式会社・日本木材広島支社など、行政機関・統制組合の事務所として原爆投下の日を迎える。

5.011 か月前

誤解を恐れずに言えば、美しく神々しいところです。数ある被爆遺構のうちでも、広島の原爆ドームと長崎山王神社の被爆クスノキは別格であるように思います。いずれも笑顔で記念撮影するような場所ではありませんが、訪れずにはいられません。数年ぶりに訪れた原爆ドームは生憎の天気であったものの躑躅が美しく咲いていました。
北西にはエノラ・ゲイが原爆投下の標的とした相生橋、南東には史上初にして最後ではなかった、実戦における核兵器の爆心地があります。爆心地の至近において熱線と爆風にさらされて破壊し尽くされてなお、そのままの姿を現在にとどめる原爆ドームを見上げていると、人間の強さを実感できます。
名作(ただし四巻まで)「はだしのゲン」の主人公ゲンは根性試しで原爆ドームによじ登りますが、いま同じことをすれば即防犯センサーに引っかかってタイーホ||Φ|(|´|Д|`|)|Φ||となるようです。
原爆ドーム近くにある、おりづるタワー一階の土産物屋がにぎわっているのを見ると、やはり平和が一番だと思います。ケンポーキュージョーケンポーキュージョーと唱えていれば平和が保たれるなどとはこれっぽちも考えていませんが、やはり平和が一番だと思います。

なお、元安川の対岸にあるモニュメントからは、かつての産業奨励館の写真と現在の原爆ドームを見比べることができます。原子爆弾による破壊がどれほどのものであったのかを視覚的に思い知らされます。

5.05 か月前

広島といえば真っ先に浮かぶ場所といって間違いないでしょう。
子供の頃は何度か来たことありますし、毎年ニュースでも見ますが、いざ訪れてみるとなんともいえない厳かな気持ちになります。

修学旅行生とおぼしき団体も複数いましたが、やはりこういう場所は連れられて行くのではなく、自分の意思で来ようと思った時に来てほしいですね。年を重ねることで、戦争を体験した世代ではありませんが、子供の頃よりもいろいろと身にしみるものがありました。

なおここには最低限の説明書きはありますが資料館などはなく、建物を囲いの外から見学するのみで入場料もかかりません。
南に隣接する平和公園には資料館があります。

5.01 年前

二度とこの悲劇を繰り返してはならない

5.04 か月前

原子爆弾については日本国内のみならず世界各国から色々と言われてますが、やはり少なくとも戦争を知らない人間はこの場所は行くべきであると感じました。原爆ドーム周辺はとても賑わってます。正しく平和です。そんな中に残されたこの世界遺産の意味を、一目見ただけでも感じ取れます。感じ取れるものは人それぞれかもしれませんが、それだけ戦争についてを深く考えられる場所です。

レビュー (2)

X35

原爆ドームや広島平和 merorial 公園の他の多くの記念碑を教えてどのように爆弾破壊した破損している都市と人々 が、またどのように街が灰の中から回復、どこに向かっているのとそのねらいとします。それは訪問の価値があるとあなたの人生で最も思い出に残...

原爆ドームや広島平和 merorial 公園の他の多くの記念碑を教えてどのように爆弾破壊した破損している都市と人々 が、またどのように街が灰の中から回復、どこに向かっているのとそのねらいとします。それは訪問の価値があるとあなたの人生で最も思い出に残る旅になります。

A-bomb dome, and other many monuments in Hiroshima Peace merorial park tell you how the bomb destoryed and damaged the city and people there, but also how the city has recovered from the ashes and where it is heading for and its aim.It is worth visiting and it will be the most memorable trip in your life.

続き閉じる
X25

広島は、最初の原子爆弾がドロップされ、世界の探検の都市です。原爆ドーム、平和記念資料館を訪問どのように貴重な世界の平和は私たちを教えます。 あなたのプライベートのローカル ガイドは、普通のガイドブックにはないストーリーを伝えることができま...

広島は、最初の原子爆弾がドロップされ、世界の探検の都市です。原爆ドーム、平和記念資料館を訪問どのように貴重な世界の平和は私たちを教えます。

あなたのプライベートのローカル ガイドは、普通のガイドブックにはないストーリーを伝えることができます。


Hiroshima is the city where the first atomic bomb was dropped and explored in the world. Looking up the A-bomb Dome and visiting the Peace Memorial Museum teach us how precious the world peace is.

Your private local guide can tell you the stories which are not on the ordinary guide books.

【世界遺産】原爆ドーム

続き閉じる

すべてのレビュー